2019年05月16日

INDIBAの効果

 インディバを導入して2週間になりました。
この医療器械は中周波0.448MHzによって体内の細胞環境を整え、細胞を活性化するためのもので、スペインの電気メスを開発者がつくった医療器械です。
images.jpg

 1週間前から自分でもためしてみています。
ますは持病の脊柱管狭窄症からの坐骨神経痛ですが、勿論、鍼治療と併用していますが調子が良くなっています。
 腰椎あたりの痛みや特に足のしびれが顕著に良くなっています。
もう一つは喉の腫れと痰が多い症状です。

 この症状も何年も趣味の剣道で声を出しすぎている様です。先日、健康診断に行って医師に相談すると、「ウイルス性ではなさそうなので抗生物質を処方することもないでしょう。」と言われて様子を見ていました。
 この症状に対しても直接INDIBAを腫脹がある喉の部分に10分ぐらい照射していますが、喉の腫脹が小さくなり、痰も少なくなってきています。

 実際にも患者さんの治療として、腱の痛みや今まで良くならなかったばね指、腰痛、冷えによる症状、急性的な痛みなどの治療としてインディバを使っていますが、治療体感も気持ちがよく、効果的にも有効性を大変感じています。

 エステ業界では、ダイエット、美容、アンチエイジングなどでかなり使用しているようです。
download.jpg

 当院では、これからも特にスポーツ疾患で「試合や練習でいつまでに何とかして欲しい!」とい要望に答えられる治療が出来るように熟練したいと思っています。

 また、自分の健康管理や身体のメンテナンスとしても大変役立つと思っています。
INDIBAの施術の実際

 朝の慌ただしい時間にブログの投稿をしておりますので、誤字脱字が多いと思います。
 恐縮ですが、お気づきの方は訂正のご連絡を頂けると幸いでございますm(_ _)m
また、投稿写真・投稿内容等について、問題がありましたらご連絡ください。直ちに削除致します。
新中野の國安鍼灸整骨院

posted by のりじ at 07:22| Comment(0) | びっくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする