2019年10月03日

こんな記事

 昨日、FBのシェアで、日経新聞で、日本のがん治療の総本山「国立がんセンター」が抗がん剤は効かないことを認めました。という内容記事がありました。
 二人に一人ががんに犯される時代と言われています。
周りの知り合いや治療に来られる方々の病歴や現在も癌と闘っておられる方もいます。
 「そのような方がこの記事をみてどう思われるのだろう?」

「現在、抗がん剤の副作用で苦しんでいる方は複雑な心境になられるだろう?」

この記事の公開は大きな影響がありますし、これからのガン治療が変わっていく重要な時期なのかもしれません。
 
safe_image[1].jpg

 最近の新聞記事やニュースで、東洋医学の鍼灸が、医療機関でがん患者さんの症状軽減や予防という部分で治療がおこなわれている内容記事もよく見かけます。

 東洋医学は、自然治癒力を高めることが目的で、血流をよくすることによって体を温め免疫力を高めることや痛みを楽にする効果があります。
 そしてもう一つ大切なことは患者さんの心のケアをすることだと思います。
これからも東洋医学の良さをもっと皆様に知って頂きたいと同時にもっと活用して頂きたいと思っています。

 これらがんの治療も進化して、バイオテクノロジーでがんも治るところまできているそうですが、新しい西洋医学と歴史の長い東洋医学との利点が用いられることが良いのかもしれませんね。

 朝の慌ただしい時間にブログの投稿をしておりますので、誤字脱字が多いと思います。
 恐縮ですが、お気づきの方は訂正のご連絡を頂けると幸いでございますm(_ _)m
また、投稿写真・投稿内容等について、不都合や問題がありましたらご連絡ください。
直ちに削除致します。

新中野の國安鍼灸整骨院

posted by のりじ at 08:02| Comment(0) | 発見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする