2020年03月03日

何でも経験!

 先週、ブラックジャック鍼灸師が「左肘が痛い!」と言っていました。
症状を診ると、左肘の上腕骨外側上顆炎でいわゆるテニス肘という感じでした。
 「痛めたつもりがないのに?」と不思議そうでした。
このテニス肘は、今までどんなん治療をしても治りがよくないのは、痛めた人しかわかりません。
 ブラックジャック鍼灸師が自分で、グラストンテクニックという腱に特化した治療を自分でやりながら「なんで痛めたのだろう?」と、まだ悩んでいたので、自分が「それは剣道の竹刀を握る左手が上から握っていなくて、横から手首に力を入れているから、痛むんだぞ!」と言うと、「あっ!そうか!だから腕の外側の伸筋群を使うからね!」と納得しながらグラストンテクニックで擦りながら治療をしていました。
 すると「先週よりは痛みがよくなってきているよ!」と嬉しそうにしていました。
images.jpg



 自分も腰も2〜3週間前から調子が良くなく、足のしびれが酷くなっています。
いつもの鍼治療と併用して、インディバという高周波の治療をしてもらっています。
 このインディバは、深い部分で熱を発生させて細胞を活性化させる効果があり、この治療機器はもともと”がん”への治療を目的に作られた機器で、病院やクリニックでは免疫を高める効果が証明されていて、このインディバを使用してガンの治療をしている医療機関もあります。
 今回、自分は腰痛と足のしびれ、感覚麻痺の治療をしてみたところ、足の感覚異常が3〜4回のインディバで、よくなっていることを自覚しました。
 今朝、起きて足を着いたとき、確実に足の感覚が半年ぶりによくなっていることをはっきり自覚できました。
download.jpg

 これらのことは大切な経験であり、そして自身にも繋がります。
 治療をする側にとって、自分が痛めたり、治療効果を実感したりすることは、この体験を実際の患者さんの気持ちや辛さが分かる貴重なことだと実感しました。


 朝の慌ただしい時間にブログの投稿をしておりますので、誤字脱字が多いと思います。
 恐縮ですが、お気づきの方は訂正のご連絡を頂けると幸いでございますm(_ _)m
また、投稿写真・投稿内容等について、不都合や問題がありましたらご連絡ください。
直ちに削除致します。

新中野の國安鍼灸整骨院



posted by のりじ at 07:51| Comment(0) | 健康について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする