2020年04月10日

鍼灸、クローズアップ!

 今週、MHKの“あさイチ”で鍼灸の番組が放送されました。
同局NHKの“ためしてガッテン”に以前から数回出演された東京大学医学部附属病院 リハビリテーション部 物理療法(鍼灸)部門の粕谷大智先生が出演されていました。

 今回のテーマは『コリや痛みを撃退!「首の筋肉」攻略法』ということです。
肩こりや目の疲れ、頭痛にめまいなどで悩んでいる不調の原因は、首の筋肉にあるかもしれません。

首は重い頭を支え、大事な神経や血管が密集しているところです。
その首を支える筋肉のコリが、血管を圧迫し、神経を緊張させ、さまざまな症状を引き起こす原因となっています。

最新の研究に基づき、「中斜角筋」「後頭下筋群」「胸鎖乳突筋」3つの首の筋肉に注目して、ご自宅で簡単にできるストレッチや指圧の方法などをご紹介しています。首の周りの筋群を緩めると、美容効果も期待でき、顔のむくみやくすみの解消につなげる方法を伝授するという内容でした。
download.jpg

 近年、鍼灸は世界的により広がってきています。
特に最近では”免疫力を高める”効果があり、今回の新型コロナウイルスの対策としても、中国は勿論のこと、世界中で鍼灸が行われ、エビデンスの解明をするための研究が進んできています。

 先日、当院に来意されたK大学病院の医師が実名でGoogleにコメントを書いてくれていました。
そのご本人のコメントを添付致します。

「駅前の整体や接骨院、鍼灸に通っても全く治らなかった首の痛みが、たった1回施術していただいただけで改善しました。
本当に朝起きるたびに痛みで悶えていたのが無くなって感謝しています。
やはり代々続く鍼灸院は違うのだと改めて感じました。」

このように鍼灸を啓蒙してくれる医師が一人でも多くいてくれると嬉しいですね
posted by のりじ at 07:15| Comment(0) | 鍼灸治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする