2020年07月06日

寂しいお知らせ

 剣道の先生がお亡くなりになりました。
この先生とは道場は違いますが、中野区の剣道大会などで審判をさせて頂くときに同じコートでの審判が多くあり、いつも審判主任をされていて、多くのことを教えて頂いた先生です。
 また、ここ数年、体調を壊されていた様子で、顔色も良くありませんでした。

 自分は中野区の合同稽古などには参加はあまりしないので、その先生とも稽古を頂いたことはありません。

 今年になって、ある先生に誘われて、S道場で青年団の稽古講習会があったので、参加させて頂いたときにもとにお立ちになられたので、始めて稽古を頂きました。
 その後、懇親会ではいじめてのお酒の席にも参加させて頂いた時に、その先生はノンアルコールで少しお話をさせて頂きました。
 
 今年の3月だったと思いますが、治療院に始めて連絡を頂き治療にいらっしゃいました。

その時に初めてと言っていいぐらいにゆっくりお話をさせて頂きました。
 その先生は、H大学剣道部ということを知っていたので、昨年、京都で難関の剣道八段に合格したH大学出身の同級生がいたので、そのお話をさせて頂くと「岡山のB君だね!よく知っているよ!大学で監督をしていた頃によく剣道をしたものです!そうですか同級生ですか!岡山は剣道が盛んで、強い人が沢山いましたよ!」と嬉しそうにお話をして下さいました。
 
 今年は中止になりましたが”城西地区大会”という大会があり、その大会で各道場から年代別に選ばれて、出場する予定でしたが、今回はその選手にお声を頂いていて、そのチームの監督がその先生でした。

「今年は城西地区大会も開催ができなくなり残念だね!」とお話も致しました。
「これからも鍼灸治療にも通わさせて頂きますし、毎年、京都の剣道祭と剣道八段は受け続けます。」と嬉しそうにお話をされていました。

 そんな繋がりができた先生がお亡くなりになられてとても残念です。
心からご冥福をお祈り致します。(合掌)

 朝の慌ただしい時間にブログの投稿をしておりますので、誤字脱字が多いと思います。
 恐縮ですが、お気づきの方は訂正のご連絡を頂けると幸いでございますm(_ _)m
また、投稿写真・投稿内容等について、不都合や問題がありましたらご連絡ください。
直ちに削除致します。

新中野の國安鍼灸整骨院

posted by のりじ at 07:44| Comment(0) | 訃報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月04日

新型コロナ感染拡大

 今週は新型コロナウイルスの感染拡大し、小池知事が緊急会見をされていました。
一時は終息しかかったように思えましたが、やはりそう簡単にはいきません。
 自分は今週、水曜日は中野体育館で通常どおり、合気道の稽古がありました。

 その次の日、中野体育館でテニスされている”お蝶婦人的な女性”からご連絡を頂きました。

 中野体育館で、合気道の稽古の次の日に新型コロナウイルスの感染者が出たそうです。
1593684011782.jpg

身近で、そのような情報が入ますと、やはり恐怖を感じます

 新宿の歌舞伎町でウイルスの感染拡大が起こっているようですが、新宿の歌舞伎町に行くこともほぼないですし、ましてやホストクラブに行くことも、勤務することもないので、中野から距離的に近いといっても、ほぼ関係がない感じがします。

しかし、地元の中野、しかも週に一回、そして、剣道の大会や合同稽古、昇段審査等でよく行くことがある中野体育館ということになると、すごく身近に感じます。

 普段はニュースをみて、自分には関係ないような気分さえしたり、以前よりはニュースにも慣れてきたりしています。

 今回のご連絡は、気持ちを引き締め、よりコロナ感染に対する防護策を考え直す良い機会かもしれませんね。

 皆様も、コロナ感染に気をつけて下さい!

 朝の慌ただしい時間にブログの投稿をしておりますので、誤字脱字が多いと思います。
 恐縮ですが、お気づきの方は訂正のご連絡を頂けると幸いでございますm(_ _)m
また、投稿写真・投稿内容等について、不都合や問題がありましたらご連絡ください。
直ちに削除致します。

新中野の國安鍼灸整骨院

posted by のりじ at 06:12| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月03日

新たな胴着

 大東流合気柔術に通い始めて足掛け7年になります。
剣術、体術だけではなく、人生論、目標など多くのことを楽しく学でいます
 
現在お世話になっているのが、楽心館というNPO法人の道場で、千葉に本部道場が有り、それぞれの東京、千葉などの特に公共施設を数箇所お借りして、人間育成のために合気道、剣術、大東流の稽古を行っている道場です。

 以前から気になっていることがありました。
この楽心館で稽古時に身に付ける胴着の肩の部分に、道場のワッペンを皆さんつけているのですが、自分が現在使用している胴着は、若い頃、柔道整復師の学校で使用していた柔道着なので、肩にはマジックで書いた”國安”と言う字が薄れ、何度か上からなぞり書きした胴着です。
「道場のワッペンを付けなければ?」と思っていたのですが、前日、先生に「ワッペンを付けさせて頂きたいので、お譲り下さい。」というと、「有難うございます。特に付けることはお気にしないで下さい。」と言われました。
今週の稽古の時に先生が「よければお付けください。」と、ワッペンを頂きました。
DSC_0835.jpg


 今回、剣道の先輩をこの楽心館にご紹介した時にも、その方が「胴着は先生の方でお願いできますか?」と、お聞きすると、「剣道でお世話になっている防具屋さんがあれば、どうぞそちらで購入ください。」と言われたので、自分の仕事場近くの知り合いの胴着屋さんをご紹介した時に、自分の胴着が古くなってきているのと、新たな気持ちで名前の刺繍とワッペンを付けようと思い、新しい胴着を頼むことにしました。

 年齢的にも、仕事も大東流合気柔術も少なくても10年は続けたいと思っているので、新しい胴着も10年は使えると思います

 これからも楽しみながら心と体の健康を目指して、新しい胴着で、そして初心の気持ちで頑張りたいと思っています。

 朝の慌ただしい時間にブログの投稿をしておりますので、誤字脱字が多いと思います。
 恐縮ですが、お気づきの方は訂正のご連絡を頂けると幸いでございますm(_ _)m
また、投稿写真・投稿内容等について、不都合や問題がありましたらご連絡ください。
直ちに削除致します。

新中野の國安鍼灸整骨院

posted by のりじ at 07:34| Comment(0) | 大東流合気柔術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月02日

テレバシー?

 よく聞く話ですが電話がかかってきて「びっくりしたわよ!丁度いま電話しようと思っていたところなの!」とか、「〇〇さん、どうしているかな?」思うと、玄関のベルが鳴って、気になっていた人が訪ねて来てくれた

 この様な偶然は?「テレパシーかな?」と思うこともあります。

 今朝、自分もいつもより寝坊をして半分目が覚めていない状態でゆっくり自転車を走らせ仕事場に向かいました。

 裏道を通っていつもと違うところを通りながら、この辺りがYさんの家だったような気がするな?と、昔からの患者さんで、最近、顔面神経麻痺になられてしまい、鍼灸治療にこられている方のことが思い出しました。

 すると、後ろ姿はそのYさんのような気がして、通り過ぎる時にお顔を拝見し確認して、「お早うございます!」と、挨拶をすると、Yさんが「今日ははり灸にいきます!ネットで予約を入れておきました」と、言われびっくりしました。

 そして、少し走ると、また、このうちはMさんの表札があるので、「御夫婦で鍼灸に来られていらっしゃるMさんの家だ!」と思うと、ご主人がゴミ出しに出てこられ、「先生、おはようございます!お早いですね。」と声を掛けてくました。

 仕事場が近くなると、近所の酒屋さんがあります。その酒屋さんの従業員の方の一人が、酷い腰痛で3ヶ月前ぐらい治療にきていました。「あの腰痛どうしただろうか?」と思うと、その方がトラックにビールの樽を積み込んでいる姿をみることができました。
 「これだけ動けるのなら、以前よりかは良くなっているのだろうな」と思いました

 今日は朝から三連発で、テレパシーが通じました。
download.jpg

もしかして、いま、頭の中で、最近は来院がなく、思い出して出している方が数人脳裏をかすめました。
 近いうちに来られたならテレパシーかもしれませんね

 朝の慌ただしい時間にブログの投稿をしておりますので、誤字脱字が多いと思います。
 恐縮ですが、お気づきの方は訂正のご連絡を頂けると幸いでございますm(_ _)m
また、投稿写真・投稿内容等について、不都合や問題がありましたらご連絡ください。
直ちに削除致します。

新中野の國安鍼灸整骨院

posted by のりじ at 07:49| Comment(0) | びっくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月01日

交点

 この2週間、合気道で言われる交点を特に考えています。
交点は、接触点、結びなど言葉では言われています。

 数学的には、二つの線の交わる点だとか、線と面の交わる点などと言われています。
合気道では相手を持った繋がりで、接点と言われることが多いと思います。
合気道は「剣を持たない剣術」といわれているように、体術も剣の理法が成り立っています。
 剣術で接点といえば、剣先でつくる接点から鍔元でできる接点、と色々な状況がそうていできます。
 当然、接点つくる場合、お互いに中心を取らなければ、崩されやすくなってしまいます。
download.png

また、接点にはお互いの力や体重がかかってくるので、その点には強烈な重圧がかかってきます。
 その接点をいかに有利に使うかが”技”で、日々の稽古しかありません。
 いつも合気道の先生に「力と力がぶつかり会うと、力が強い方が勝ちますが、技を使うことによって、半身や抜き、接触を感じ、一瞬にして立場を有利にするこことが可能になります。その技術を習得して、社会生活においても、人とぶつからないようにすることに争いが起こらないようにしましょう。」と言うことをよくお聞きします。
download.jpg

 自分の課題である接点、今日の稽古でまた、考えながら行いたいと思っています。
この数ヶ月は稽古もできない日々が続きました。
 色々考えることも多くなり、「合気道の迷子になっています

 朝の慌ただしい時間にブログの投稿をしておりますので、誤字脱字が多いと思います。
 恐縮ですが、お気づきの方は訂正のご連絡を頂けると幸いでございますm(_ _)m
また、投稿写真・投稿内容等について、不都合や問題がありましたらご連絡ください。
直ちに削除致します。

新中野の國安鍼灸整骨院

posted by のりじ at 07:44| Comment(0) | 大東流合気柔術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする