2020年07月15日

日々の習慣

 持病の腰痛がここのところあまり調子が良くありません。
コロナの影響で、運動の機会がほぼない4ヶ月を過ごしました。
 そのため体重の増加、体力、筋力の低下も著しい状態です。
そうすると、腰への影響としても良いはずはありません。

 脊柱管狭窄症という、腰痛の症状はかなり不安定で「今日は調子がいいな!」と思うと、ある動作や寝方で足腰、腹部への違和感や足の痙攣が急に出現してきます

 当然、背骨の脊髄の幹である神経が絞扼されてしまうのでそのような症状が出てもいた致し方がありません。

 自分自身のコントロールとして、体重を減少させて、インナーマッスル(コア筋)を鍛えるトレーニング、深層筋(深い部分の筋群)へのアプローチとして鍼治療やインディバの高周波治療が特に効果的です。

 鍼や高周波治療器のインディバは、いわゆる低周波、干渉派、マッサージ、ストレッチなどに比べて、深い筋肉や靭帯、レセプター(感覚を伝える受容器)また関節部にまで有効な刺激が伝わり、血流の改善、新陳代謝を高めることが可能です。
 
 先日、N高校の体幹トレーニングでお話させて頂いて、その本人が体幹トレーニングを必要としているのにさぼっていては、説得力もないかと思います。
download.jpg

 ”女性梅安先生”に、ここ最近、雑用で忙しそうなので、インディバ&鍼通電治療をしてもらってないので、腰の調子も良くないのだと思います。
download.jpg

 ブログの投稿後、体幹トレーニングの習慣を再開して、少したるんだ心と体を引き締めようと思っています

 今日は水曜、お昼は楽心館での大東流の稽古日です。
”女性梅安先生”が「合気道の稽古は投げられ、受身をするから、稽古後は腰の調子が悪そうだね」と言われているので、水曜日の午後は「腰の調子が良くない」とは言えません

今からストレッチをして、体を動かす準備をしておくことにしたいと思っています。
 骨が悪くて現れる症状には、日頃のマメなメンテナンスとセルフコントレールで、うまく付き合っていくしかないですね。
download.jpg

 朝の慌ただしい時間にブログの投稿をしておりますので、誤字脱字が多いと思います。
 恐縮ですが、お気づきの方は訂正のご連絡を頂けると幸いでございますm(_ _)m
また、投稿写真・投稿内容等について、不都合や問題がありましたらご連絡ください。
直ちに削除致します。

新中野の國安鍼灸整骨院


posted by のりじ at 07:27| Comment(0) | 最近思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする