2020年07月28日

お灸の効果

 昔からいたずらや悪いことをすると「お灸を据えるから!」とか、「少しお灸を据えおかなければ・・」などお灸には悪いイメージがあるますが、実はお灸には体を守るために必要な免疫力を高める効果があります。

 人や生き物には外的のウイルスや細菌などが体内に侵入した時に身体を守るために、攻撃するシステムがあります。それを免疫力といいます。
免疫について考えることは、最近では新型コロナウイルス感染症の感染予防においても非常に重要です。
免疫は体内に侵入した異物を見つけてそれを攻撃して身体を守る役割を持っています。

その免疫システムの働きをよくするのに”お灸”が大変関わっています。次にお灸が免疫系にどのように作用するかご説明します。
お灸をいわゆるツボに施術することによって、科学的な影響として、マクロファージの活性化する作用があります。

マクロファージとは、体内に侵入したウイルスや細菌といった異物と戦う戦士的な役割があります。
download.jpg

 お灸施術直後と5日後の2回、このマクロファージが活性化することが多くの研究から分かってきました。
images.jpg

その他にもお灸は血流をよくすることによって、体全身に今までより多くの栄養分や酸素を送り、細胞を元気にする作用があります。
また、”ツボ”を刺激することによって脳刺激が送られ、脳をコントロールする作用もあります。
お灸は今ではセルフケアとして、自分の健康を守るためにも手軽に一人でも据えることができます。
抵抗力がアップして、悪い病気にかからないためにも、ストレス解消にも、今だから、こんな時期だからお灸を皆で据えてみましょう
images.jpg

 朝の慌ただしい時間にブログの投稿をしておりますので、誤字脱字が多いと思います。
 恐縮ですが、お気づきの方は訂正のご連絡を頂けると幸いでございますm(_ _)m
また、投稿写真・投稿内容等について、不都合や問題がありましたらご連絡ください。
直ちに削除致します。

新中野の國安鍼灸整骨院


posted by のりじ at 06:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする