2020年08月01日

人はよく見える

 今年も8月になります。
長引いた梅雨もそろそろ西の方から開けてきています
 毎日、ニュースは毎日コロナの話ばかりで8ヶ月が過ぎてしまいました。

 コロナの感染者もこれだけ多くなると、身近でも感染した話を聞くようになります。
やはり、ワクチンや治療薬が開発されるまで、この騒ぎは落ち着かないようですね。

 先日、同級生の数十年来の友達が久しぶりに「首と肩が痛い」ということで、治療にきました。「それって五十肩!お互いに年をとったね。」と言いながら、お互いの近況を話していました。

その友達が「お前はいいよな!家族もいるし、子供も沢山いて将来の楽しみがあって・・・・・」と話をしていました。

 自分的には「確かに家族が健康でいて有難いですが、これから教育や独り立ちさせて親の義務を果たすのは大変だよな!」と思ってはいますが、その苦労も楽しみなのかもしれません。

 その友人には家族がいなく、実の兄弟はいますが、不仲であまり付き合いがないようです。
親の遺産や今までの仕事で稼いで、一人、気楽なものです。

その友達からすると「お前は家族がいていいね!」と言われますが、逆に言うと、「マイペースで、好きことをしながらお金に苦労することはなく、いいのはお前のほうだよ!」と思いますが、それは、「隣の芝生は青く見える」と昔から言うようにそれぞれに見えない部分が沢山あり、また、無いものねだりで、ある物はあって当然で、いざそれが無くなるとその大切さが身を持って分かるというようなものです。
download.jpg

 どんなに人がよく見えても、羨ましいと思っても、今現在の自分の生活に感謝をしながら健康で生きて行ければいいとしなければいけません。

 コロナ禍の中でも、仕事がある。健康で生きている。家族が一緒にいられる。そのような普通のことに感謝しながら生活できることが幸せだと思います
download.jpg

 朝の慌ただしい時間にブログの投稿をしておりますので、誤字脱字が多いと思います。
 恐縮ですが、お気づきの方は訂正のご連絡を頂けると幸いでございますm(_ _)m
また、投稿写真・投稿内容等について、不都合や問題がありましたらご連絡ください。
直ちに削除致します。

新中野の國安鍼灸整骨院


posted by のりじ at 07:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする