2020年08月13日

クーラーは体に良くない

 今年も猛暑がやってきました
先日の日本列島は気温が40度に達するところも多く、東京でも体温をはるかに超えて猛暑日でした。
 そのような暑さでは熱中症にならいないようにクーラーが必要となります。
しかし、毎日、クーラーをきかせ過ぎても体に良くないということもよく言われています。

 自分の知り合いの鍼灸整骨院では、治療時間がクーラーを使用しないで、窓を開放して扇風機とエアコンの送風だけで室内の温度を調節しているそうです。

 クーラーは体に毒で、冷気によって、皮膚温が低下したり、気の流れが悪くなったりするということで、スタッフや患者さんへの理解を得て診療を行っているということだそうです。 

 自分の治療院ではクーラーの設定温度は28度にしていますが、少し暑いと感じる方も多いと思います。しかし、1日中、クーラーにあたりっぱなしでいると、体の疲労は取れませんし、体調も崩しやすくなります

 ここ数年、自分も自宅ではクーラーをできるだけ使わない生活をしています。
就寝時も自分の部屋は窓を開けて、扇風機をタイマーでセットして寝るようにしています。
カーテンも開けっ放しでいると、4時半くらいには朝日で目が覚めて、起床も早くなってしまします。
 
images.jpg

 昨日は水曜日で、大東流の稽古がりました。武道場にはクーラーがなく、風通しも悪い環境で、しかも稽古の参加数も3人で、しっかり汗をかいて体も疲れたので、昨晩の雨の後の湿気の中でもぐっすりと眠れることができました。
 夏は早寝、早起き、そして、体を動かして汗をかく。そしてクーラーの使用を少なくすれば健康体になります。
 皆様、夏バテをしないように健康に留意して、暑い夏をお過ごし下さい

 朝の慌ただしい時間にブログの投稿をしておりますので、誤字脱字が多いと思います。
 恐縮ですが、お気づきの方は訂正のご連絡を頂けると幸いでございますm(_ _)m
また、投稿写真・投稿内容等について、不都合や問題がありましたらご連絡ください。
直ちに削除致します。

新中野の國安鍼灸整骨院


posted by のりじ at 06:29| Comment(0) | 最近思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする