2020年11月18日

見事、ビンゴ!

 先週、鍼灸治療を希望で逆子の方が来院されました。
逆子の患者様の旦那様が心配をされて連絡を頂き、新中野の知り合いの美容師さんに國安先生のところで逆子を鍼灸治療で治った方がいたので、國安先生のところに行ってみては?」と紹介してくれたというお話でした。
 当日も旦那様が奥さんと同行して来院さえました。

 来院され、お話をお聞きすると、現在妊娠27週で2ヶ月前から婦人科診察で逆子になり、医師から「YouTubeで逆子体操を見てやってみてください!それでもダメならお腹を開腹する帝王切開になるかもしれません。」という話を聞いて、旦那様もいてもたってもいられないということで当院に連絡を頂いたようです。

 逆子の患者さんにお話をお聞きするのは女性の方が話安いということと、妻も逆子を鍼灸で治した経験もあるので、ゆっくりお話をさせて頂きました。
 今までの経験上、妊娠28週での逆子が治る率は約6〜7割、鍼灸治療回数は5〜6回ということをお伝えして、妊娠してから腰痛も酷いということだったので、腰痛のお話もして、御夫婦が納得した上で鍼灸治療をすることにしました。

 そして、鍼灸の治療を始めましたが、お本人のママは鍼灸の治療は始めてで緊張していましたが、鍼を始めると「大丈夫です!」と笑顔が見えたので、妊娠28週ということもあり、これ以上赤ちゃんが大きくなると効果も低くなり、猶予時間もないので積極的に鍼をしました。そして、昔から「逆子にはお灸」ということが言われているので、ブラックジョック鍼灸師(香菜先生)にお灸をしてもらいました。
images.jpg

 注意事項をしっかり説明して、「3日後に再度鍼灸をさせて頂くので来院ください。もし、”ぐるり”とか心音が変化したら婦人科で超音波診断を受けて、逆子の確認をして下さい!」という話をしました。
 すると、2日後、連絡がきて「昨日、心音が変わったような気がするので、婦人科に診察に行って来てご報告します。」という連絡を頂きました。

 昨日、婦人科の診察を受けた後に連絡を頂いたようで、受付で電話に出たブラックジャック鍼灸師が大きな声で「よかった〜!よかったですね!」と嬉しそうに応対をしていたのを聞いて「逆子が治ったんだ!」安心しました。

 今まで、自分の鍼灸の臨床歴38年で逆子の治療は83件ありましたが、その中では、一回の鍼灸で、しかも28週と赤ちゃんが大きい状態での逆子の成功率としてはずば抜けて良い方です

 今回は見後にブラックジャック鍼灸師のお灸が効いたのだと思います
「切腹されないで本当によかったです
images.jpg

 朝の慌ただしい時間にブログの投稿をしておりますので、誤字脱字が多いと思います。
 恐縮ですが、お気づきの方は訂正のご連絡を頂けると幸いでございますm(_ _)m
また、投稿写真・投稿内容等について、不都合や問題がありましたらご連絡ください。
直ちに削除致します。

新中野の國安鍼灸整骨院

posted by のりじ at 07:39| 東京 ☀| Comment(0) | 鍼灸治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする