2021年01月18日

腰の調子

 持病の脊柱管狭窄症を確認してから約三年が経ちます。
この病気は、年齢的な老化といえばそうですが、運動の過剰の方も多くなる骨からくる病気です。
 元々、過度の運動を続けてきたので致し方がないのですが、3年ぐらい前から痛みやしびれが異常に強くなり、やたら足が攣ってくることが多く、2〜3ヶ月生活に支障が出るぐらいになっていました。
 
 今までも、多くの脊柱管狭窄症の鍼灸治療に携わってきましたが、良い例も悪い例もありなかなか症状が改善されない方はブロック注射、最後には手術をされる方も多くいらっしゃいます。 

 しかし、手術をされた方も再度、辛い症状が再発する場合もあります。
なかなかどのようにしたら良いかは難しいところでありますが、鍼灸治療をしたり、自分で体幹トレーニングやストレッチなどをしたりするセルフコントロールは欠かすことができません。

 現在の自分症状は、以前ほど眠れないほどの痛み、歩行ができないなどの症状は、ここ1年半ぐらいはありませんが、日によって症状は違いがあります。

 ほぼ毎日、ストレッチ、体幹トレーニングはやっていて、週に3〜4回ぐらいの鍼灸やインディバの治療をしていますが、本当に症状に違いがあります。

 先週は腰が痛く、チクチク感の臀部にしびれ、そして足のスネ、足底部に感覚異常は絶えずあります。
 ここのところ、コロナの影響で運動不足になり筋力低下もあり、症状がよくありません。

 休みともなれば、早朝のウオーキングやステレッチをしていると「あれ!今日はめっちゃ調子がいい」と実感することもあります。

 先週、腰の調子が悪かったので、昨日は家族での剣道の稽古をして、その後はびっくりするほど調子が良かったので、無理しない程度の運動は良いということを再確認しました。
download.jpg

 まだ数十年、この病気とも付き合っていかなければいけないので、これからもセルフケアーと鍼灸インディの治療は続けて、できれば後10年は手術を受けないで使って行きたいと思っています。
 自分がこのような体験をすると、つらい症状の患者さんの気持ちが痛いほど分かります。
「皆さん、一緒に頑張りましょう

 朝の慌ただしい時間にブログの投稿をしておりますので、誤字脱字が多いと思います。
 恐縮ですが、お気づきの方は訂正のご連絡を頂けると幸いでございますm(_ _)m
また、投稿写真・投稿内容等について、不都合や問題がありましたらご連絡ください。
直ちに削除致します。

新中野の國安鍼灸整骨院

posted by のりじ at 07:42| 東京 ☀| Comment(0) | 健康について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする