2010年11月16日

アロワナの話

お魚好きの患者さんが来られ、アロワナの話を聞きました耳
アロワナは淡水域に生息する魚のうちでも大型に成長する種類のものが多く知られている古代魚で、食性は主に肉食(小型の魚類・昆虫などを捕食する)だが、飼育環境下での性質は穏やかで、また飼育方法も確立されていることからペットとして人気があるようです。
scleropages[1].jpg 
小型魚を丸呑みするために下あごがせり出したような大きく開く口が特徴的で、体半分より後に尾に続く背びれ・尻ひれと、大きく発達し斜め下方に延びた胸ひれを持つ。うろこは大抵の種類で大きくその一つ一つがはっきりしており、そのいずれにも濃淡や色彩の変化があるそうです。

ひらめき中国では「龍魚」と呼ばれ、龍が権力と繁栄を象徴することから、華僑などを中心に幸運を呼ぶとして愛好者が見られ、紅い変異種は特に高値で取引されているようです。日本でも大型でゆっくり泳ぐ様子や独特の風貌に対する愛好者が見られる。繁殖方法も確立されていることから、養殖された稚魚などがペット市場向けに流通していて、反面、自然環境にいるものは保護され商取引や輸出入が制限されている種類も多いという話でした。また、中国では水面より上にいる虫にとびつき捕食する、その光景が龍が昇るのに似ていて人気があるそうです。

 この患者さんもアロワナの愛好者で何百万円もする水槽に大きなかなり高価なアロワナやほかの魚を飼い、鑑賞しているようです。
black[1].jpg

 この方にアロワナの話を色々と聞きました。特にアロワナの魅力を聞くと“生命力の凄さ”と言われていましたパンチ

 普通の魚は、水から出ると横になり、ピチピチと跳ねますが、自然環境の厳しい場所に生息しているアロワナは、水が干上がるとジャンプをして飛びはねて、大きな胸ひれで体を支え、縦になり蛇のように体をくねくねさせて前進して、水のある場所を探そうです。そんなたくましい本能と大変な生命力を持っているそうです。そんな絶滅種のアロワナの魅力に嵌ったそうです黒ハート
 どう考えても、お金も身体や気も使う、この飼育にかける情熱は想像を絶するものがありましたがく〜(落胆した顔)
人間も、これぐらい逞しく強く生きたいものですねダッシュ(走り出すさま)
中野区新中野の國安鍼灸整骨院のホームページへ
posted by のりじ at 08:42| Comment(4) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アロワナは興味深い魚です魚
Posted by 魚お宅 at 2010年11月16日 14:54
お話を聞いて、そう思いました。しかし、飼育は大変そうですね!
Posted by noriji at 2010年11月16日 19:21
私もアロワナを飼育しています。最高の魚です!
Posted by アロワーナ at 2010年11月17日 09:22
そうですか(^^)/やはりアロワナは幸運のであり、古代魚で神秘的なところが嵌りやすいんですね!
Posted by noroji at 2010年11月17日 10:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]