2011年06月10日

こんなニュースがありました。

米国U.S.News&World.Reportが、米国の医学部教育に鍼治療などの代替医療が取り入れられていると伝えるというニュースを発見しました目

 米国U.S.ニュース・アンド・ワールド・リポートは4月12日付けの記事で、多くの米国医学部が鍼治療などの代替医療を教える講義を教育カルキュラムに採用していると伝えました。

 記事は、鍼治療などの代替医療などの理論や実技を教育するためのコースや講義を設けている米国医学部の事例を紹介しながら、最近こうした代替医療の教育カルキュラムを取り入れている大学医学部が多くなっていると伝えています。また、その背景として、現実として米国成人の約4割が何らかの代替医療を利用しており、医師として現場でそうしたニーズを持った患者さんとのかかわりを避けることができなくなっていることや、実際の臨床で鍼治療などの代替医療が補える現代医療の限界の直面することが多いことを挙げています。さらに代替医療を活用するという一般的な傾向はいまや医師や医学生自身も例外ではなく、彼ら自身が代替医療によって体調管理をしているケースもあり、その場合には、臨床で活用するためにますます代替医療の教育に対するニーズが高まっているという背景も紹介されています。

 アジアは基より、米国、ヨーロッパで代替医療の鍼灸治療のニーズが多くなりつつあります。
 鍼灸治療は体をリラックスさせ、精神的なケアーを含めた治療効果が人気をよんでいるようです。
皆さんもエコロジーな鍼灸治療で、未病の予防を是非してみて下さいexclamation×2

中野区新中野の國安鍼灸整骨院のホームページへ
posted by のりじ at 08:00| Comment(0) | 鍼灸治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]