2011年11月02日

お好み焼き

 先週末の土曜日にお好み焼きPartyを家族でしました。
お好み焼きの手順を姫気と勇妃に教え込んだので、下ごしらえさえしておけば二人で協力しながらお好み焼きを焼いてくれます。

 どちらかというと私は岡山県の出身なので、子供の頃は広島風に近いお好み焼きを食べていたので、関西風と比べるとやはり広島風のお好み焼きが好きです。

子供達に伝授した広島風のお好み焼きの作り方レストラン

まず、ホットプレートに電源を入れて、焼きそばに粉末ソースをかけて軽く焼きます。
 
そしてお好み焼きの粉と水、それにおろした山芋を入れてよくかき混ぜて生地を作っておきます。
そして、ホットプレートの温度を確認して、油を引きます。その上に先ほど作ったお好み焼きの生地を薄くプレープのように丸くひきます。
IMG_6365.jpg

 そして、その上に削り節を振り掛け、キャベツの千切り、ネギ、豚肉をまんべんなく貼り付け、その上に天かす、切りイカ、そして真ん中に少しくぼみをつけ生卵を乗せ軽く潰します。その上からまばらにお好み焼きの生地を軽くかけて裏返します!

 後は適当に火が通れば再度裏返して、お多福ソース・マヨネーズ・ネギ・青のりを降りかけて出来上がり。
IMG_6364.jpg


これが岡山風お好み焼きです!少し形が崩れていますが、お腹に入ると同じですわーい(嬉しい顔)
 「うまい!美味しい」と褒めると二人は嬉しそうに次々に焼いてくれます。
 「今度はイカ焼きをお願いします」というといい返事をしてすぐに焼いてくれます。
IMG_6366.jpg

こんなに楽なことを覚えてしまいやみつきになりそうですexclamation
IMG_6369.jpg

これが関西風のお好み焼きですグッド(上向き矢印)
 お好み焼きの写真をアップしていると、またお好み焼きが食べたくなってきました。
明日は文化の日で祭日です。もしかしたら夕方、我が家の外はお好み焼きの臭いがするかもしれませんね揺れるハート

中野区新中野の國安鍼灸整骨院のホームページへ

posted by のりじ at 08:22| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]