2011年11月09日

輝いた眼

 昨晩帰宅して入浴を済ましていい気分(温泉)食事を始めようとすると子供たちの楽しそうな笑い声が聞こえてきました。
 何やら勇妃がキラキラ眼を作り、姫気と楽しんでいるようです。
IMG_6421.jpg

 子供たちは最近、私の夕食の用意のお手伝いを二人ともしてくれて、夕食を始めると“なぞなぞ”の問題を出してきたり、パホーマンスを披露してくれたりして楽しませてくれます。

 “なぞなぞ”の本から問題を出されると、一応真剣に考えますが、分からなくて答えを問うと意外にしょうもない答えが返ってきて大人ながら「しょうもな!」とイラっとしてくることが多いです。
IMG_6420.jpg

 私も遠慮なしで「なぞなぞはイラつくからやめて!」というとさっきから遊んでいたキラキラ眼を付けて登場!

 あっはっはわーい(嬉しい顔)
IMG_6423.jpg

 「これなら笑えるし、などなぞよりうける!次回はもっと笑える事を考えていて!」と言っておきました。
 子供たちが奥の部屋に行き、寝る用意をし始めたら食卓の上に“キラキラ眼”がおいていたので、私も両目につけてみました。

 キャップで目が隠されていて、鏡に映るっているわけでもないし、目も見えないけれどなんとなく笑みがこぼれ、さっきの”なぞなぞ”より笑えたのは焼酎のせいなのかなと思うとまた笑いが出て、ぽろりとキラキラ眼が落ちてしまいましたあせあせ(飛び散る汗)

中野区新中野の國安鍼灸整骨院のホームページへ
posted by のりじ at 08:53| Comment(0) | 子供たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]