2011年11月15日

どんぐり

 姫気と勇妃の手作り作品ぴかぴか(新しい)
夕食を食べている時に「パパ、見てみて!ブログに載せて!」と学校で作った作品を見せてくれました。

IMG_6433.jpg

姫気の作品の題名は“ドレッドのかぶりもの”何かよくわかりませんが、マイケルが家に遊びに来た時にあげるそうです。

IMG_6432.jpg

 勇妃の作品は“クリスマスに向けての飾り”どんぐりに絵を描いたものとまつぼっくりにコーティングを施した置きもののようです。

 
IMG_6435.jpg

 二人とも自分達でそれぞれ作って気にいっているようです。

IMG_6436.jpg
 
 私には“ふ〜ん”と思うものですが、一応感動したふりをしておきましたあせあせ(飛び散る汗)

 机の上にどんぐりが置いているのを見て昔の思い出が蘇ってきましたひらめき

その思いでは、幼稚園の頃の苦い思い出でした。
 当時、岡山で育った私はカトリック系の“清心ノートルダム女子付属幼稚園”というところに通っていました。毎日の通園はスクールバスの送迎がありました。

 ある日、幼稚園が終わり帰宅時のスクールバスを待っているときに、目の前にどんぐりを見つけました。そのどんぐりを拾い、バスを待ちながら鼻の中に入れて遊んでいました。

何度も鼻の中に入れては、鼻から息をふき出して遊んでいると、いつの間にかそのどんぐりが鼻の穴の奥に入り込み取れなくなってしまい焦っていましたあせあせ(飛び散る汗)


誰にも言えないので、そのままにしていて帰宅して長いピンセットが父の治療院にあったのを思い出してこっそり取り出そうと思いながら、その場は知らない顔をしてスクールバスを待っていました。

IMG_6434.jpg


 そのすべてを一部始終見ていた幼児が、シスターに「シスター、この人お鼻にどんぐり入れて取れなくなりました!」とチクられ、私はしまったexclamation×2と思って、怒られる怖さと恥ずかしさでいっぱいになりましたたらーっ(汗)

 その後、病院に連れて行かれるは親を呼びだされるは、シスターに「幼稚園はじまって以来です!鼻にどんぐりを入れて病院に行った子は・・・むかっ(怒り)

 次の日には「どんぐりコロコロどんぐりこるんるんお鼻にはまって、さ〜大変るんるん」と皆が歌を歌っていましたもうやだ〜(悲しい顔)

 そして、その年、どんぐりの生かわかりませんが、幼稚園の付属小学校には進学できなかった思い出が蘇り、机の上のどんぐりを見ていると無意識にどんぐりを鼻に入れていましたわーい(嬉しい顔)

そしてあの時、どんぐりさえ鼻に詰めていなければ、付属の小学校に通学できて、今よりは人生がよくなっていたかもと思うと残念で仕方がありません。

 そんなどんぐりの思い出ですが、やはりどんぐりは鼻に詰めたくなるものですよねexclamation&question

中野区新中野の國安鍼灸整骨院のホームページへ

posted by のりじ at 08:03| Comment(0) | 思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]