2011年12月10日

今朝の夢

 今朝方、夢で目が覚めました。夢の内容というと、私自身が出兵され戦争に行く夢でしたあせあせ(飛び散る汗)
 その夢の内容というのは、私に“赤紙”がきて、その赤紙を見ながら恐怖と失望感が渦巻き、その後、家族との楽しい思い出が蘇り、家族と離れて戦地に行く覚悟を固めていき、戦地で戦いながら大変な思いをして、家族や父や母の事を思いながら・・・・・たらーっ(汗)

 「なぜこんな夢を見たのだろうexclamation&question」と考えてみると、現在放映中のNHKの朝ドラの“カーネーション”の物語が戦前から始まり、現在は戦争中の話に差し掛かり、主人公の糸子の主人が出兵されたところだからだと思いました。

 以前の朝ドラ“おひさま”でも戦争中の話が多く、またその前の“ゲゲゲの女房”でも戦後の日本の大変さを感じるところが多く、戦争の悲惨さや辛さなどを痛感させられた場面が沢山ありました。

 戦争を知らない世代にとっては、戦争がどんなものかを知りません。ただTVや映画等を観て想像はできるものの、本当の大変さは身体を持って体験したことがないのでわかりません。

ひらめき以前、ご年配の患者さんに戦争時代の話をよく聞いたことがありましたが、このお爺ちゃんも「今までは戦時中の話はしたくなく、今でもその恐怖感が頭から離れないで、よく夢でうなされるよもうやだ〜(悲しい顔)」と苦しそうに当時の話をしてくれたことを思い出しました。

 今年も震災や福島の原発での放射能の問題などで大変な1年でしたが、やはり、戦争にしても原発にしても人間が起こしたことで、天災より人間の起こした人災が一番恐ろしいことだと再認識しました。

中野区新中野の國安鍼灸整骨院のホームページへ

【関連する記事】
posted by のりじ at 08:25| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]