2012年03月28日

接客から強み

 先日、ある接骨師会の研究会に出席しました。その研究会では骨折、脱臼等の治療についての発表が主なものでした。
 この中で、ある航空会社のチーフパーサーの講演が行われました。それは接客に対する内容の話でした。

 もちろんこのチーフパーサーが大変綺麗な方で揺れるハートお話の内容も医学の硬い話とは違い、つい笑ってしまうような経験談やユーモアさが、講演を聞いている皆さんの心を和ませたようでしたわーい(嬉しい顔)

 この講演内容は、挨拶の仕方、歩き方、お客様に対する気配りの仕方など1時間近くのお話でした。

ひらめきその中で特に“気配り”の話の中で、印象に残ったのは・・・・・

ノドが渇いていそうな人を見て、「水をおもちしましょうか」と尋ねるような気配りは、下の下だそうです。ほんとうに気配りができる人は、ノドが渇いていそうな人を見たら黙って水をもってきて、「どうぞ」と差し出すような人だそうです。

聞くより前に、まず動く。できそうで、なかなかできないことです。そんな気配りができる人間を目指したいものです・・・そんな話が印象的でした。
 
医療もある種ではサービス業です。そんな思いやりの気持ちを持って患者さんに接したいですねexclamation
 
そんなことを考えながら朝、自転車で仕事場に向かっている時に“ふと”看板に“任せなさい“と書いている文字が目に入りました。任せなさいという気持ちは、得意分野で自信たっぷり、そして強みだなパンチと思いました。

「ところで、“強み”とは何だろうかexclamation&question

私はひとことで言って、「人に教えられることを持っている」ことだと考えます。

自分の持っている知識や経験の中で、人に教えられることがあるかどうか、人の役に立つことがあるかどうか。自分の強みを認識しておくことも大切だよな〜

 そんなことを考えた朝でしたあせあせ(飛び散る汗)

中野区新中野の國安鍼灸整骨院のホームページへ


posted by のりじ at 08:51| Comment(0) | 最近思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]