2012年05月18日

お洒落

私たちの子供の頃とは違い、今の区立の小学校は私服での登校です。

 娘たちは朝起きて寝ぼけ眼で、洋服選びから始まります。小学校4年と2年にもなると色気づいてきて自分なりのファッションがあり、朝から色々なコーディネイトをしながら洋服を脱ぎ散らかして「また、服を脱ぎ散らかして!」と母親に怒られていますむかっ(怒り)

「今日は天気予報で寒くなりどうだから・・・そんな薄着でどうするの!風邪を引いても知らなわよ!」と言われたり「そんなフリフリとそのズボンは合わないわよ!」と言われたりして朝からバトルが行われています。
 そんな状況を見ていると、姫気と勇妃も女の子になってきたんだなあと複雑に心境になりますあせあせ(飛び散る汗)

 二人の好みは、姫気はどちらかというとボーイッシュな様相で、首元が肌蹴て方が出るような洋服が好みで、処女漫画チックな雰囲気を好むようです。
 一方、勇妃は意外に質素でお洒落にまとめています。

 今年の年始に子供たちを連れて靴を買いに行きました。その時も二人の個性がはっきりわかるような靴をそれぞれ選んでいました。

親が思うにファションセンスはまあまあ良いほうがいいですが、この年からこだわりすぎて朝のバトルが激化したら・・・・「髪型が決まりないから今日は学校に行かない」とか「この洋服が洗濯できていないからむかっ(怒り)」とかそんなにことを言い出したら・・・ぶちのめすパンチ

 私も中学生に頃からファションに興味を持ち、多くのファション雑誌をよく見ていたものです。高校のときは同時流行の高価なDCを親にせがんでよく買ってもらいました。
大学時代も、生活費のほとんどを洋服につぎ込んでいたような気がします。

 就職しても洋服熱は続き、仕事場に行くときも今日はイタカジ、アメカジ、トラッドなどとお洒落を楽しんでいたような気がしますぴかぴか(新しい)

 しかし、今となってはジャージ出勤が多く、特に夏などはジーパンにボロTシャツにピーチサンダルのことが多く、急にお誘いを受けると繁華街などにはいけない格好が多いですあせあせ(飛び散る汗)
これもオヤジ現象の一つでしょか?子供たちを見習って少しはおしゃれを取り戻すことも必要かもしれませんねexclamation×2
中野区新中野の國安鍼灸整骨院のホームページへ
posted by のりじ at 08:26| Comment(0) | 最近思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]