2012年05月30日

ピピちゃん

 昨日、東高円寺の自宅付近で、巣から道路に落ちていた雛鳥がいたそうです。
私以外の家族で発見して様子を見ると、羽を痛めていて弱っている様子だったようです。
 周りを見渡すと、時々車の通りもあるし、猫などの天敵もいる様子だったので、急遽家に持ち帰ったそうですあせあせ(飛び散る汗)

 携帯電話妻からメールが来て、その雛鳥の様子を知らせてきたので「餌をやっていれば元気になるよ!」と返信しておきました。
 私も子供の頃、何度か雛鳥を鳥屋さんで買ってきて餌をやりながら飼育したことがあったので、何となく要領は分かっていたので安心でした。
 その後、妻からメールがきて、夕方になり近くの商店街をさがしてみたけど餌が売っていないと連絡がきたので、私は「パンをちぎったりご飯粒を潰したりしてやってみて!」と返信しました。
 仕事が終わり餌のことが気になったので、鳥の餌を売っていそうなお店を何軒かまわり、餌をゲットして帰宅しました。
IMG_7744.jpg

 帰宅すると段ボール箱に止まり木を入れて鳥の家を作っていました。
でもいっつたい何の種類なんでしょうかねexclamation&question
IMG_7736.jpg


何方か、このブログの写真を見て鳥の種類が分かったら教えてくださいexclamation
IMG_7743.jpg


 そして買ってきた鳥の餌をお湯で吹かして口基に差し出すと時折、くちばしで突いていました。
 少し落ち着くと小鳥が「ピーピーピーるんるん」と少し元気が出たような様子で鳴き声を出していました。子供たちは「まだ小さいからお母さんに会いたいんだよ揺れるハート早く元気になってママのところに戻ろうねexclamationピピちゃん!」と話しながら小鳥の名前を“ピピちゃん”と名付けたようです。
IMG_7739.jpg

 羽が治るまでこの状態で保護して、元気になったら野生に返そうと家族で約束して面倒を見ることにしました。
 ピピちゃん早く元気になってね黒ハート
IMG_7748.jpg

中野区新中野の國安鍼灸整骨院のホームページへ

 

posted by のりじ at 07:59| Comment(0) | 優しい気持ち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]