2012年12月01日

お好み&もんじゃ焼き

 久しぶりにお好み焼きをしましたいい気分(温泉)
 以前、NHKの朝ドラ“てっぱん”を放映していたころは、広島の尾道が舞台で、広島風のお好み焼きを食べるシーンがよく観られました。そのシーンを見るたびに気持ちがそそられ、家でもよくお好み焼き食べていましたが、ここ最近は頻度が減っていました。

 しかし、時々「お好み焼きが食べた〜い!もんじゃが食いて〜exclamation×2」発言があるので、先日、もんじゃ&お好み焼きPartyを我が家で開催しました。

 子供たちは、すでに広島風と関西風のお好み焼きの作り方を熟知しているので、野菜やお肉、イカなどを用意しておけば勝手に焼いてくれます。

 この日は姫気のもんじゃ焼きからスタートレストラン
もんじゃ焼きのもとの粉を溶き、野菜、天かすなどを入れて、極めつけのベビースターのお菓子を入れて、土手の中におつゆを入れ、ある程度火が入ると後は一気に焼き上げて熱々のもんじゃ焼きを「フーフー」しながら口で「ホカホカ」しながら頂きます。
 
IMG_8623.jpg


 その次は勇妃の登場!勇妃の作品は、広島風お好み焼きで、イカ、豚肉、御餅をトッピングして、超豪華版のお好み焼きの出来上がり!
 「いっただきま〜す揺れるハート

 もんじゃ焼きも広島風のお好み焼きもいずれにして美味しく「Good jobexclamation×2」・・・(サーファーのミックさんの海での掛け声あせあせ(飛び散る汗)
IMG_8631.jpg

 やはりおたふくソースの力は偉大です。すべてがお好み焼きになっています。
 子供たちにそれは言わないで、「美味しいね!このお好み焼きだったらお店を出せるぐらいだね!」というと二人とも自慢げに嬉しそうな顔をして次から次へと焼き物がでてきます。お好み焼きのその横では、イカ焼きやホルモン焼きの“こてっちゃん”を焼いていました。
 いずれにしろお酒がすすみますねビール


このお好み焼きPartyやはりを終了した時には、口の中は火傷だらけで口内の皮膚が白くなり、「ズルッ」と剥けてきましたあせあせ(飛び散る汗)
 美味しく、火傷が絶えない飴と鞭のお好み焼きでした。このお好み焼きPartyも将来きっと子供たちのよい思い出に残るのでしょうねわーい(嬉しい顔)

中野区新中野の國安鍼灸整骨院のホームページへ
posted by のりじ at 07:22| Comment(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]