2013年03月15日

双子の剣士?

 先日の姫気が出場した少年剣道大会の会場で、子供用の小さな竹刀を買いました。
以前から道場の子供が持っているのをみていて、欲しかったようです。
 その竹刀を持たせて姉ちゃんたちが「め〜んしよう」と蹲踞や切り返しの稽古をしているようです。
 昨晩もどちらからとなく「め〜んしよう」と言いながら竹刀を持って楽しそうに遊んでいました。
 時々、頭を叩きあって遊んでいたので、目や顔を傷つけないように「叩くのはまだ駄目よ!」と言うともう理解できているようです。
s-IMG_9484.jpg

 勇妃が「切り替えしをパパに見せてあげて」と言うと竹刀を叩きながら声を出していました。
 この子達も時々、佼成武徳会の道場に連れて行くこともあり、はじめの頃は「怖〜い」と剣道の防具をみて言っていましたが、最近は楽しそうに見ています。
s-IMG_9485.jpg

 しかし、自宅で剣道の防具を干しているとあまり近寄りません。
 やはり防具はなんとなく怖いようです。
 私も岡山の実家に鎧や兜があり、小さいことは怖くてあまり近寄ることがなかったです。
子供なりに戦、血、死などをどこかで感じていたのかもしれません。
 
 双子に「めーんしてごらん!」と言うと・・・
s-IMG_9482.jpg

 それはあっかんべ〜。め〜んとべ〜の違いですね!
二人ともがで“べ〜”ってことは、私の発音が悪かったか、剣道の面!より“あっかんべ〜”のほうがやりたかったのかなと笑えるところでしたわーい(嬉しい顔)
 双子が今から竹刀を振りまわしているのを見ていると、何年後かは双子剣士の姉妹が佼成武徳会の双子の助教の先生に剣道を教わる時が来るような気がしてきましたあせあせ(飛び散る汗)

中野区新中野の國安鍼灸整骨院のホームページへ
佼成武徳会剣道部のホームページへ
posted by のりじ at 08:40| Comment(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]