2013年05月27日

たには会

 先日、銀座の中小企業会館で明治国際医療大学鍼灸学部の同窓会である、たには会関東支部の役員会、支部総会、研修会、親睦会が行われました。
朝からの1日仕事ではありましたが充実した1日となりました。

 昨日の講師の先生は同窓会の先輩である、現在は埼玉医科大学第二内科東洋医学部門で活躍されています小俣博先生をお招きいたしまして講演をお願いしました。
s-IMG_0160.jpg

 小俣先生は輝かしい業績をお持ちで、埼玉医科大学で“シェーングレーン諸侯群(SJS)患者の乾燥症状に対する鍼灸治療”で医学博士号を授与されています。
 今回は“顔面部症状(顔面神経痛・顔面麻痺・動眼神経麻痺)と鍼灸治療”と題しまして、講演をして頂きました。
s-IMG_0176.jpg

 先生が臨床をされている埼玉医大では、各科からこのような症状を持つ患者さんが紹介され、今回の発表では42例の症例に対するデータの発表でした。
 大変興味深く、またすばらしい内容でした。
s-IMG_0163.jpg

 その後、鍼治療の実技を披露して頂き、会員の皆様も大変真剣なまなざしで見学していました。
s-IMG_0180.jpg


s-IMG_0174.jpg

 個人的に小俣先生とは学生時代の2級上の先輩で、学生の頃からよく面倒をみて頂いていました。
 現在では風貌を拝見すると・・・しかし、若いころはスタイルもよく、そしてお洒落で憧れの先輩でした。
 社会人になっても時々お酒の席を一緒に持って頂いて、よく吉祥寺に呼び出されたものです。

 そんな身近な先輩が、までは医学部をはじめ鍼灸大学、専門学校での講師で引っ張りだこで、多くの学会等に参加して地変多忙になっておられるそうです。

 小俣先生、昨日は有難うございました。昨日はゆっくりお話ができなくて残念でした。これからも健康に注意して頑張って下さい。
また、小高支部長をはじめ“たには会”の会員の皆様、お疲れ様でした。
 今年、来年とイベントが続きますが皆様のより一層の協力をお願いいたします。

中野区新中野の國安鍼灸整骨院のホームページへ
 
明治国際医療大学 鍼灸学部(明治鍼灸短期大学・明治鍼灸大学・大学院)の同窓会「たには会」の関東支部のホームページ

posted by のりじ at 07:27| Comment(0) | 研修会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]