2013年10月31日

鉄板焼き

 ここのところ朝晩は寒くなり、身体が対応できなく風邪を引く方が増えています。
我が家も長女の姫気が初めに風邪を引き、夜寝るときも部屋を分けて寝ていました。
 しかし、やっぱり一緒に生活していると風邪をもらうのは仕方がありません。
双子にも感染り、何週間か前に発熱をしました。
 現在では妻が一番ひどく、鼻をズルズルいわせています。

 風邪は体力が落ちた時に引くことが多く、栄養がある食べ物を食べて体力を回復しなければいけないということで、昨晩は、鉄板焼きで焼肉とお野菜をいっぱい焼いて食べることにしました。
 久しぶりの焼肉で子供たちも喜んで沢山食べていました。お肉も高級なカルビーを焼きましたが、私は脂分が多くて1〜2枚で十分という感じでした。
s-IMG_1073.jpg

 食事をしながらTVをつけていると“さんま”が出演している番組がついていて、たまたま健康についての内容で医師や栄養学の有識者のコメントがあり、“お肉”についての話がありました。

 やはり一般のイメージとしては、お肉というのは精力と体力をつけて、元気になるといういう気がしますが、お肉を食べると実は体内物質のメラトニンの作用で、イメージとは逆にリラックして精力倍増というよりは、安定作用のほうが多いような内容を伝えていました。
 その話を聞くと風邪で体力の低下をそれほど補っていない話でした。
それを聞きながら・・・exclamation&questionexclamation&question
s-IMG_1072.jpg

 でも「まっ!いいか!美味しくてたくさん食べれば元気になるよ!」とみんなの前で一瞬浮いて、誤魔化した発言になりましたが、せっかくの鉄板役なので「ああそうだ!ビタミンは多く取ったほうがいいから野菜を食べなさい!」と言っておきましたあせあせ(飛び散る汗)
中野区新中野の國安鍼灸整骨院、デイサービス・ぴーなっつのホームページへ
posted by のりじ at 08:00| Comment(0) | 健康知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]