2013年11月06日

久しぶりのぎっくり腰

 先々週、館山にサーフィンをしに行ったときにサーフボードをぶつけられ、その時点で断念してしまったので思う存分サーフィンができませんでした。そして、その思いが1週間募り、敵討ちにと館山に先週末も行ってきました。
 サーフボードは修理中で、古いボードしかないので、知り合いにサーフボードを借りて気合を入れて亜紀(妹)と千倉海岸に向かいました。

s-IMG_0029.jpg

 海のコンディションはまあまあで、波の大きさも腰〜胸ぐらいだったので、十分サーフィンを楽しめると思いウキウキ気分でボードを持って浜辺に向かいました。
s-IMG_0027.jpg


s-IMG_0028.jpg

 そしてボードを持ち上げようとしたとき“ギック”と腰の奥の方から嫌な音が体幹を伝わって響いてきました。
 「あっ、やっちゃた雷」と思い、ごまかしながら何度かサーフィンにチャレンジしてみましたが、腰をそらす度に痛みを感じたので、早めに海から上がり、浜辺でストレッチをして身体をほぐしました。

 しかし、だんだんと腰に痛みがましてきたので、ウエットスーツも脱ぐことができなかったので、そのまま車にビニールシートを引いて妹の亜紀に運転を頼み腰越の実家に帰りました。

 その日は、妻のいとこの旦那と2ラウンド目に海に行く予定でしたが、いとこの旦那は私の姿を見て、その後一人で千倉海岸サーフィンをしに行ったようです。

 実はここのところ筋トレをサボっていたのとサーフィンをするためにテンションを上げる目的で、先週の土曜日の早朝に5時から起きて、仕事場で筋トレをかなりやってしまいそのあとに後、気分がよかったので普段しないジョギングを30分ぐらいしました。そして土曜日の仕事も忙しく、腰が悲鳴をあげていたのを薄々感じていましたがく〜(落胆した顔)
 
そんな時に気を抜いてサーフボードを持ち上げたものですから、“ぎっくり腰”になってしまったのだと思います。

 しかも、寝ている姿勢から起き上がる時に腰に力が入らないので、腕に力を入れて起き上がろうとしますが、丁度、筋トレでの筋肉痛が年齢のせいで、すこし遅れて起こり始めた時期なので腕を使うのも大変苦痛でした。本当に踏んだり蹴ったりです。

 この日曜日に佼成武徳会剣道大会が開催されましたが、審判を仰せつかっていましたが、なんせ歩行と腰が伸ばせなくて情けない格好だったので、渋々辞退させて頂きました。

 腰の治療で、鍼灸治療と最近始めたグラストンテクニックの併用の治療を何度かしてもらいました。
 今まで何度も酷い“ぎっくり腰”を経験しましたが、東洋医学の鍼灸治療と西洋医学のグラストンテクニックを併用するとより効果があるように思いました。
imagesCAEYCZM8.jpg

 何度しても嫌な経験ですが、自分が傷めることにより、患者さんの気持ちもより分かります。そして、より早く治す努力もするので、自分自身には大変良い勉強になりました。
imagesCA4XXVSQ.jpg

 しかし、何度しても“ぎっくり腰”は痛みで辛くて、力が入らなくなるので情けない次第ですね。
中野区新中野の國安鍼灸整骨院、デイサービス・ぴーなっつのホームページへ
posted by のりじ at 07:56| Comment(2) | 鍼灸治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
先日の治療大変楽になりました!
鍼灸治療と一緒にしていただいたのがグラストンテクニックだったのですね!首の痛みと腰痛は大変楽です。
Posted by A.Y at 2013年11月06日 23:05
そうです!よかっつたです(^O^)グラストンテクニックはよく効きます。
Posted by noriji at 2013年11月07日 06:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]