2013年12月14日

大失敗!

 今朝の出来事でしたexclamation×2
 仕事に行く用意をして、荷物を持って自宅の二階から一階に降りようと思い階段に足を踏み下ろした時に“つるっ”て足が滑ってしまいました。

 「やべ〜!」と思ったときにはもう遅く、「ガン!ドス!ガタガタ!」と階段を滑り落ち、幸いにも手すりを反射的に握り、階段の途中でなんとかとか止まりました。

 しかし、右後頭部と右背部をぶつけ、一瞬、冷や汗とともに頭がふらっとしました。
痛みが軽減するまでの時間が約5分、横になって寝ていましたあせあせ(飛び散る汗)

 その後、痛みが落ち着くとゆっくり息を吸い込んだり、体幹をひねったりして、肋骨骨折の症状があるかどうかの判断をしてみました。
 階段の角の部分で強打しているので、痛いのは当然ですが、どうやら骨折の心配はなさそうです。

 そして、少し落ち着いて、今日の剣道の稽古は無理だと思い、剣道の用意を自宅に置いて、自転車に乗り仕事場まで様子を伺いながらゆっくり来ました。

 「土曜日の忙しい日になんでこんな目に・・・」と思いながら患部の治療をしましたたらーっ(汗)

 動かすことは痛みが誘発するので安静にしなければいけないのは分かっていますが、仕事となるとそうはいきません。
 
 階段から落ちることなど、人ごとのように思っていましたが、いざ自分が落ちてみるとショックと痛みで情けなく思いますもうやだ〜(悲しい顔)

 今朝、自宅の二階で靴下を履いたとき、「なんとなく滑りやすい靴下だな〜」と感じたときに「自分自身で注意しなければいけない」と感じた後のできごとだったので、これからは毎回、階段の昇降には注意を払わなければいけないと痛感しました。
 皆様の階段の昇降時には一息ついて、“危険”と一言呟くことを習慣にしてみて下さい。
sp_kaidan[1].jpg

 それにしても強打した後頭部と背部の痛みは半端ではありませんふらふら
中野区新中野の國安鍼灸整骨院、デイサービス・ぴーなっつのホームページへ
posted by のりじ at 08:30| Comment(2) | 災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
大丈夫ですか?やばいですね。ふっと気がぬけたときやられます。先生のブログ見て気をつけないとと思ってる矢先に今さっき遠刈田温泉で排水側溝のステン製ふたがずれてて裸のままスッテンコロリン。うまく受け身をとったので指の擦りむきだけで済みましたが一歩間違えれば病院行きでした。油断しないようにしないとですね涙 骨折とかしなくてよかったです。
Posted by あさくら at 2013年12月14日 11:53
お互いに気をつけましょう!健康な身体あっての人生ですし・・・・(つд⊂)
Posted by noriji at 2013年12月16日 08:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]