2014年04月22日

見学者と懐かしい話

 先週、恵比寿で接骨院を開業されている院長が見学にこられました。
その方は柔道整復師と理学療法士の国家試験ライセンスをおもちでした。

 もとはというとある柔道整復の学校で教員をしている私の同級生の教え子ということで、その同級生が先日開業をされました。

 その開業のお祝いに当院の宅見先生がご挨拶でお邪魔した時にはじめてお会いしたのがご縁でした。
その時、当院が治療院とデイサービスの併設という形をとっているので、その内容を是非、見学をさせて頂きたいと言われたそうです。
 
 私としても断る理由もないので、快くOKしました。

 彼はこの日のために午前中、恵比寿の治療院を休診して来られたそうです。

朝早くから来院され、熱心に見学されていました。

 治療の内容やデイサービスの立ち上げの話は勿論のことですが、プライベートの話になりました。するとこれまた偶然exclamation×2
 なんと高校が中野の私の治療院の近くにある高校の出身でしたるんるん

 そのJ高校は、多くのスポーツが盛んで、特に卓球部は全国レベルの大変強い学校です。
 実は我が母校の明治鍼灸大学の先輩がそのJ高校の出身で、卓球部の監督であります校長先生と、ある機会にお会いして、卓球部の部員の怪我の治療をしてくれるところを紹介してほしいいいうことから、20年前からその学校の卓球部の生徒の治療をしていました。
 現在もそうですが当時、その時代の卓球部はインカレ、国体、全高大会等で優秀な成績を残すぐらいの強い世代でした。
 その中でも現在も活躍中のK君やN君の名前は印象強かったので記憶にありました。

そして、見学に来られた先生にその話をすると「私はK君やN君と同級生で、彼らは卓球部で自分は野球部でした。」その話を聞いて、先生の年齢を聞くと当時の高校生もいい年になっているのだな〜とつくづく時の経過の速さに驚くばかりでしたあせあせ(飛び散る汗)

 その話からJ高校の野球部、サッカー部、バレー部などの学生も治療にこられていた人の記憶も蘇り懐かしく思われました。
 これもなにかの縁です。この先生ともこれから繋がりを持っていくことでしょう。
s-IMG_0911.jpg

それにしても私より15歳も年下なのに・・・この風格と貫禄に驚かされましたあせあせ(飛び散る汗)

朝の慌ただしい時間にブログの投稿をしておりますので、誤字脱字が多いと思います。
 恐縮ですが、お気づきの方は訂正のご連絡を頂けると幸いでございますm(_ _)m

中野区新中野の國安鍼灸整骨院、デイサービス・ぴーなっつのホームページへ


posted by のりじ at 07:59| Comment(0) | びっくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]