2014年10月02日

大東流

 今年の1月から大東流合気柔術を習い始め、水曜日のお昼休みに週一回の稽古をに行っています。
 大東流という合気柔術は会津の城下から始まり、剣術、合気道、柔術が混合された武術です。
 まだ習い始めて1年もたっていませんが、なんとなく大東流がどういうものかほんの少し分かりかけてきた気がしますひらめき

 この大東流は剣術が基礎となっていて、どの武術にも言えることですが大切なことは中心を攻め、いつも相手の目を見て体幹が崩れないことです。

 また、合気道の鉄則は相手に動きを読まれなくするために力を抜いて、初動を消し、力がぶつかることなく、動きにおいては加速することなく、同速にて一挙動で中心を斬るということです。
 これらを瞬間に行うことが技の鍛錬であり、また大変難しいことです。

何度も何度も技を掛けられると接点(身体の接する処)、各関節の気の繋がり、そして”抜く”という複雑な感覚が体感できます。

 まだまだ、技を掛けるところもではいきませんが、掛けられることで体の関節のストレッチになり、投げられることで内臓機能が上がり体調も良くなることも実感できます。
yjimage[2].jpg

 これから何年かかるか分かりませんが、大東流の深い謎解きの旅を続けていきたいと思っています。
”継続は力なり”
image01[1].jpg

朝の慌ただしい時間にブログの投稿をしておりますので、誤字脱字が多いと思います。
 恐縮ですが、お気づきの方は訂正のご連絡を頂けると幸いでございますm(_ _)m

中野区新中野の國安鍼灸整骨院、デイサービス・ぴーなっつのホームページへ

posted by のりじ at 07:41| Comment(4) | 合気柔術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
合気道に大変興味があります。動画のように本当に飛ばされるのですか?
あれは本当なのですか?
Posted by DJ at 2014年10月02日 07:52
1月からだったんですね。はやいですね。また稽古しましょー。こちらにも日曜日早起きしてくれば眼から鱗で動きがかわりますよ。脳ミソに刺激を(笑)
Posted by あさくら at 2014年10月02日 10:47
DJさん、本当です。是非一度体験してみてください!
Posted by noriji at 2014年10月03日 07:20
朝倉さん、本当に時間が経つのは早く感じます。その過ぎ行く時間の中で何かを学び、得ていくことは大切なことだと思います。また稽古お願い致します。
Posted by noriji at 2014年10月03日 07:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]