2016年11月09日

泣きっ面に蜂

 1ヶ月ぶりのキックボクシングの稽古に昨日行ってきました。
時間をかけてゆっくりストレッチをして、インストラクターに腰痛の話をしながらウオーミングアップで軽いシャドーキックボクシングをしました。
 その若いインストラクターも「無理しないでゆっくりして下さい。」と言われながらも、足のしびれ以外は何とか大丈夫そうでした。
 これならミット打ちも可能かも?と思い、「一ラウンドパンチだけでのミット打ちをお願いします。」と半分ぐらいの力で3分のミット打ちをしてみました。
 「何とか打てるし気持ちが良い」と思い、「軽くキックボクシングでのミット打ちをお願いします」と言って、始めました。
 やはり半分ぐらいの力でミット打ちをしていて「ラスト1分!」で少し力を入れてキック!その時、「ギック」と軸足の左足の足首を捻挫してしまいました。
「あっ!やばい」と思い、中止しました。
 
「これぞ泣きっ面に蜂だ」その場で若いインストラクターが「大丈夫ですか?」とアイシングを持ってきてくれましたが、「心配いりません、自分で処置しますから」と言って道場を出て仕事場に来て足を見ると腫れが出て、内出血が出てきました。
imgres.jpg

 やっぱり、1ヶ月の休みと腰からの神経の圧迫で筋力の低下があり踏ん張ることができなかったので捻挫をしてしいました。
今年は本当に怪我が多い厄年になりました。残りすくない2016年をせめて怪我をしないように過ごして行きたいと思いました

 朝の慌ただしい時間にブログの投稿をしておりますので、誤字脱字が多いと思います。
 恐縮ですが、お気づきの方は訂正のご連絡を頂けると幸いでございますm(_ _)m
また、投稿写真・投稿内容等について、問題がありましたらご連絡ください。直ちに削除致します。
中野区新中野の國安鍼灸整骨院、デイサービス・ぴーなっつのホームページへ

posted by のりじ at 07:50| Comment(0) | キックボクシング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]