2016年11月10日

歳は・・・!

 同級生の歯医者の古い友人が「肩が痛いよ!股関節も痛いよ!」と2週間ぐらい前から相談されていました。症状を聞くと関節に何かしらの問題がありそうですが、実際には画像診断でMRIを撮って見なければわからないし、本人も医師の弟さんに相談したりして、想像をネガティブに膨らませていて不安に思っているようです。
 とりあえず、知り合いの病院に紹介状を書いて、MRIの予約を入れて診察をお願いしました。
そして、その後、画像を持って治療院に来院されました。
 すると肩の凸の部分に関節軟骨が認められ、その軟骨が腕を上げる時に凹に当り痛みが出るということでした。そして股関節には少しの水腫があり、それが痛みの原因になっていると診断されえ、結局、その病院の院長が「低俗な整形外科医がする治療で、ありきたりの治療で痛み止めのロキソニンとヒアルロン酸の関節注射とステロイド注射での治療ですね」と言われたそうです。
 本人もそれらの治療は対処療法で、原因への治療ではないとの理解があり、鍼灸治療を受けてみるという話になり、これから少し通ってみるということでした。
imgres.jpg

 治療後、自宅に遊びに来て夕食を食べながら、友人と話していましたが「やっぱり年なんだな!」と、私も先日撮影したMRIを見せながら、お互いの傷を舐め合っていました。
 彼とは30年来の友人で、現在は53歳です。若い頃からお互い良く知っていますが、お互い、年をとりました。
 皆さんはよく言いますが「歳はとりたくないですね!・・・・」と。

朝の慌ただしい時間にブログの投稿をしておりますので、誤字脱字が多いと思います。
 恐縮ですが、お気づきの方は訂正のご連絡を頂けると幸いでございますm(_ _)m
また、投稿写真・投稿内容等について、問題がありましたらご連絡ください。直ちに削除致します。
中野区新中野の國安鍼灸整骨院、デイサービス・ぴーなっつのホームページへ

posted by のりじ at 07:47| Comment(0) | 友達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]