2017年07月28日

やはりセロトニンは幸せのホルモンです!

 ストレスや嫌なことを考えているとそのことが頭から離れなくなってしまい、同じことを壊れたレコードのように繰り返し考えてしまい、また、その状態が長くなると精神的に異常を来たし、自律神経異常やうつ病にまでなっていまいます。
 そんな時に不足しているのは脳内ホルモンのセロトニンです。
このセロトニンは精神を安定させてくれる作用があり、不安や憂鬱に気持ちから解放させてくれます。
 実はこのセロトニンは脳に存在しますが。95%のセロトニンは実は腸で作られると考えられています。
この幸せのホルモン、セロトニンの作用としては次のようなものがあります。
@睡眠の質がよくなり、快眠ができる。
Aストレスに対する対応が強くなり、心も強くなります。
B自分の感情をコントロールすることができるようになる。
C心のバランスを安定して保つことができる。

 逆にセロトニンが不足すると心と体のバランスが崩れ、イライラしたり、不安になったりして、そのままにしておくと落ち込みが続き、うつ病になってしまいます。
それらの状況にならないための対処法として、深呼吸をする、ウオーキング、太陽の日を浴びる、首や肩を回して凝り解消する、頑張り過ぎない、休息をとるなどを心がける。

 また東洋医学の鍼灸治療のツボ刺激も腸への刺激や脳を刺激することによって、セロトニンの分泌を促進させることができます。
まずはツボ押しから試してみてくだい!
images.jpg

download.jpg


  朝の慌ただしい時間にブログの投稿をしておりますので、誤字脱字が多いと思います。
 恐縮ですが、お気づきの方は訂正のご連絡を頂けると幸いでございますm(_ _)m
また、投稿写真・投稿内容等について、問題がありましたらご連絡ください。直ちに削除致します。
國安鍼灸整骨院/デイサービスぴーなっつのホームページ

國安鍼灸整骨院モバイル
 
posted by のりじ at 06:37| Comment(0) | 健康について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]