2017年10月04日

風邪には鍼灸治療を!

東洋医学の鍼灸治療は風邪の治療、予防をすることができます。
背中にあるツボ”風門”から風邪が入り込み、その邪が深くに入り込むと症状が重くなり治りにくくなっていきます。
この風門は邪気が入ったり出たりするツボです。そのようなことからこのツボは特に肩凝りや風邪、頭痛などの治療や予防に効果があるとされています。
 この風門に鍼やお灸をしたり温めたりして刺激すると風邪などの症状は良くなっていきます。
背中のツボには自律神経を調整して、血流を上げる効果があるので免疫力を向上させていきます。免疫力が上がると風邪の症状もおさまり、また、予防にも効果があります。
images.jpg

 そのほかの咳、鼻水、発熱などの症状にも有効なツボがありますので、それらのツボを刺激すると早く改善されます。
この時期、風邪を引くことが多いと思いますが、「風邪を引きそうだな?」と思ったときには、ドライヤーなどで首の後ろを温めると「ゾクゾク」して、気持ちがよいはずです。
 また、「風邪だな?」と思ったら身体を温める食事を心掛け下さい。特に根菜類で、土の中にできるもの、例えば、生姜、ニンニク、芋類、大根、などの食材や黒い食材の黒ゴマ、黒コメ、ひじきなどの海藻類、肉類などバランスが良い食事をとり、睡眠を十分にとりましょう。
download.jpg

 鍼灸治療は全身の抵抗力を高め、それぞれの症状に対しても治療ができ。副作用もありません。これから風邪を引きやすい季節になりました。まずは風邪の予防からしてみては如何ですか?

 朝の慌ただしい時間にブログの投稿をしておりますので、誤字脱字が多いと思います。
 恐縮ですが、お気づきの方は訂正のご連絡を頂けると幸いでございますm(_ _)m
また、投稿写真・投稿内容等について、問題がありましたらご連絡ください。直ちに削除致します。
國安鍼灸整骨院/デイサービスぴーなっつのホームページ

國安鍼灸整骨院モバイル
 
posted by のりじ at 08:43| Comment(0) | 鍼灸治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]