2017年11月07日

力を抜く

 今朝のキックボクシングで、目からウロコが取れました。
いつも注意されることは「力を抜いて!」ということをよく注意されます。
 朝のインストラクターは、息子ぐらいの年齢で、現役大学生4年生のキックボクシング部の男子ですが、今朝も力を「抜いて!」と言われたので思いっきりリラックスして、ミット打ちをしてもらいました。
 すると1ラウンド後に「いいですね!今までとは違って無駄な動きがないので、初動がわかりませんし、急所に軽く当たるだけで効きましたよ!」と言われ、それから少しアドバイスを頂き、2ラウンドの対人練習をしました。
 その時もできるだけ無駄打ちがないようにリラックスして練習しました。
すると息も今までのように息が上がらないし、相手の動きがよく見えてなんとなく少しだけ自分が上手くなったような気がしました。

 長く続けている剣道でも未だに「力みすぎ、力を抜いて!」とよく言われますが、合気道お稽古でも同じことを言われます。
 全てに共通することは、体軸が崩れないように、そして、顔を動かさないようにして、力を抜き、技をかけたり、打突したりする時に一瞬力を入れて、その後は脱力する。
 これが基本でどんなスポーツや武道においても言えることだと思います。
今朝のキックボクシングで、大きな収穫がありました。
 単純なもので「いいですね!」と褒められると、明日練習が楽しみになってきます。
download.png

 剣道の道場でも子供たちを沢山褒めてあげようと思いました!

 朝の慌ただしい時間にブログの投稿をしておりますので、誤字脱字が多いと思います。
 恐縮ですが、お気づきの方は訂正のご連絡を頂けると幸いでございますm(_ _)m
また、投稿写真・投稿内容等について、問題がありましたらご連絡ください。直ちに削除致します。
國安鍼灸整骨院/デイサービスぴーなっつのホームページ

國安鍼灸整骨院モバイル
 
posted by のりじ at 08:52| Comment(0) | キックボクシング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]