2018年05月08日

トレーニングの大切さ

 ここ最近は腰の調子も良く、以前のような激痛も少なくなってきました。
そのおかげで、現在も剣道、合気柔術、キックボクシング、サーフィンと、日々毎日運動を楽しんでいます。

 1年半前に腰部の激痛を感じて、MRIの撮影をして「脊柱管要狭窄症」と診断されてからはマメな鍼灸治療と体幹トレーニングをほぼ毎日しています。
 
筋力が弱っている背骨にインナーとアウターの筋肉で巻き込んでサポートしてやると背骨が強化され、血液循環の改善にも繋がり腰の調子が良くなっていきます。

 このことを痛切に自分自身で感じると、腰痛の治療と同時に自信を持って、患者さんに伝えることができます。

 私のつけているスポーツ日記には、その日に行った種目内容や指導者のアドバイス、体の調子、自分が感じたことなどを簡単に書き込むようにしています。

 そうすることによって、次の練習の目標や目的が明確になるからです。

 今年のスポーツ日記を振り返ると、今年の一月からは一ヶ月を通して、運動をしていない休日は一日で、しかも一ヶ月に36回の運動をしています。

 週に2日は、朝のキック、昼の大東流とか、朝キック、夜の剣道とか、ダブル稽古の時もあります。
 しかし、そんなルーティンをこなしていると体が慣れてきて、疲れはあまり感じません。

 先日もGWの連休中に久しぶりにサーキットトレーニングのTRXというフィジカルトレーニングに参加しましたが、昨年までは酷い筋肉痛がでましたが、今回は全く筋肉痛が出ません。

 また、久しぶりのサーフィでも筋肉痛が出なかったので、「日頃からあらゆる筋肉を使っているのだな!」と実感しました。
 「継続は力なり、いや継続しか残るものはない」と、思うと同時にこれだけ酷使して、腰痛が出ないのは、メンテナンスの鍼灸治療と体幹トレーニングの賜物だと自負しました。
IMG_8805.jpg


 朝の慌ただしい時間にブログの投稿をしておりますので、誤字脱字が多いと思います。
 恐縮ですが、お気づきの方は訂正のご連絡を頂けると幸いでございますm(_ _)m
また、投稿写真・投稿内容等について、問題がありましたらご連絡ください。直ちに削除致します。
國安鍼灸整骨院/デイサービスぴーなっつのホームページ

國安鍼灸整骨院モバイル
 
佼成武徳会剣道部ブログ


posted by のりじ at 06:58| Comment(0) | 発見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]