2018年05月30日

虐待?躾?

 昨日、双子は高尾山に遠足で、いつもより早く起きて、体力を使ってきたと思います。
昨晩は仕事が長引き、妻の帰りも遅くなり夕食もいつもより遅くなりました。
 双子は疲れすぎると熱を出しやすいので、何度も妻も「早く寝なさい!」と言っていましたが「ママ、一緒に寝よう!」と言いながらなかなかねないので、私が「もう三年生だし、二人で寝なさい!」と数回言いましたが、まだなかなか布団に入ろうとはしないので少しキレ気味で「寝なくていいよ!正座して起きておきなさい!」と言ってしまいました。

 そう言った手前、親として男として引くことはできなくなり少し意地になってきました。
すると双子は泣きながら正座をしていました。

そして数分立つと四女が「パパごめんなさい、これからは3年生なので、二人で早く寝ますので、今日は寝させて下さいm(_ _)m」三女も「ごめんなさい!沢山反省しましたので、明日から絶対に早く寝るので、許してください。」と何度も言っていました。
 「半年前、夜遅くまで”あやとり”をしていて、何度も寝なさい、と言われたことがあって怒られたね!」その時は夜中の12時までそのまま”あやとり”をしていなさいと言って泣きながら”あやとり”をしていたことを覚えている?その時も今と同じことを言っていたよ!
 今日はそのまま正座をしてもっと反省しなさい!」と言うと、黙って二人共約50分正座をしていました。
 この時間、親としても辛い時間ですが、こんな経験や体験も必要だと思い心を鬼にして接しました。
 これからも何度もこれぐらいのことはあると思いますが、躾や怒られた体験は必要だと思います。
 頑固親父で厳しい部分もあると思いますが、時代も変わることですし、私は昭和の頑固親父でいるつもりです。

 朝の慌ただしい時間にブログの投稿をしておりますので、誤字脱字が多いと思います。
 恐縮ですが、お気づきの方は訂正のご連絡を頂けると幸いでございますm(_ _)m
また、投稿写真・投稿内容等について、問題がありましたらご連絡ください。直ちに削除致します。
國安鍼灸整骨院/デイサービスぴーなっつのホームページ
國安鍼灸整骨院モバイル
 
posted by のりじ at 06:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]