2018年06月05日

5月病で多い症状

 よく言う5月病。
新年度で環境の変化から精神的に気持ちが落ち込んできて、気候の変化に体が対応できないで自律神経の乱れやうつ傾向になられる方々も多い時期です。
 当院にもこのような患者さんが多く来院され、鍼灸治療を希望される方が多くなっています。
 まずは心療内科や精神科の受診をして薬を処方されている方がほとんどですが、それでも症状は変わらなく薬を増やされることが帰って気持ちを落ち込ませることも多々あります。
 先日もうつ症状で数ヶ月悩んでいる方がこられ、鍼灸治療をしながらゆっくり話を傾聴していると、「先生、ここ数回の鍼灸治療で少しずつ症状が楽になってきました。」という話をされました。
 この方も心療内科や精神科を何箇所か診察され、お薬を飲んでいますが症状が良くならないで、知人に紹介され鍼灸を希望されていた方です。

 数回治療後にこの方の話を聞いていると、仕事が忙しすぎて心が病んで不安が毎日募り、
毎日不安で仕方がなく、ドロドロとした気持ちが強くなりそんな自分が嫌になり、うつ病の症状が酷くなっていったそうです。
 その患者さんが話の中で、「こんな本を読んで少し考え方が変わりました」と紹介してくれた本が”うつぬけ”という本でした。
この本の内容は著者が実際にうつ病で10年苦労し、体験したことが漫画で書かれ、実際にうつ病から良くなった方の実体験が書かれていて、参考になっていると言われていたので自分もすぐに今日に購入しました。
IMG_8916.jpg


 まだ読み終わっていませんが、心の支えや考え方を変えることができそうな本です。
これからの心の病んでいる方へのお話をする材料として熟読したいと思っています。
IMG_8917.jpg


 朝の慌ただしい時間にブログの投稿をしておりますので、誤字脱字が多いと思います。
 恐縮ですが、お気づきの方は訂正のご連絡を頂けると幸いでございますm(_ _)m
また、投稿写真・投稿内容等について、問題がありましたらご連絡ください。直ちに削除致します。
國安鍼灸整骨院/デイサービスぴーなっつのホームページ

國安鍼灸整骨院モバイル


posted by のりじ at 06:35| Comment(0) | 鍼灸治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]