2018年08月17日

悲しいお知らせ

 大学の2年先輩が亡くなったというとても悲しいお知らせがありました。
この先輩とは学生の頃からお世話になり、上京後も時々連絡を頂き、吉祥寺に呼び出され、お酒を飲みに連れて行ってくれたよき先輩でした。
 また、医学博士でもあり鍼灸業界で、大変な業績を残された方で、鍼灸師としても研究者としても雲のような人でした。

鍼灸学会等で、お会いすると「頑張っているか?」と優しい言葉をくれ、「懇親会で話をしよう」と、最近では希ですがお話をすることもありました。
 そんな先輩が、2年ぐらい前になりますが何年かぶりのメールで連絡がきました。
「久しぶりに國安と飲みたいね!」という内容だったので、私は「先生のお誘いでしたら、喜んで!」という返信をしました。
 しかし、その後、連絡はないので、「忙しく時間がとれないのかな?」と思っていました。
そして、ある研究会で、その先生のお弟子さんが「また、皆さんは知りませんが、実は、先生、闘病中で入院されています」という話をお聞きしたのは3ヶ月ぐらい前だったと思います。

 その後、自宅に連絡しても連絡がつかないので、メールで様子をお聞きすると何週間後に返信が来て、「病気で療養中です」という連絡がきました。
 新先輩の先生は、鍼灸業界で私の父の事もよく存じていて、「親父さんは偉大な人だったね。60歳で亡くなるのは早いね!」とよく言っておられました。
 しかし、先輩の今回亡くなられた先生は57歳でした。
最後に一度お会いして、話ができなかったのが大変心残りで残念でありません

 人生、いつどうなるかは分かりません。毎日、後悔しないように精一杯生きることを再認識しました。(合掌)

朝の慌ただしい時間にブログの投稿をしておりますので、誤字脱字が多いと思います。
 恐縮ですが、お気づきの方は訂正のご連絡を頂けると幸いでございますm(_ _)m
また、投稿写真・投稿内容等について、問題がありましたらご連絡ください。直ちに削除致します。
國安鍼灸整骨院/デイサービスぴーなっつのホームページ

國安鍼灸整骨院モバイル
 
明治国際医療大学


posted by のりじ at 08:45| Comment(0) | 訃報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]