2019年02月18日

感心!

 今朝、仕事場に自転車できていると時に燃えないゴミに日だと思いますが、歩道の横にゴミが出されていました。
 引越しがあったのか、ダンボボールが折りたたみガムテープで止められていたものがいくつかありました。
 その中のいくつが風のせいか何かで歩道の方に倒れて歩くところを塞ぐ感じで倒れていました。
 遠くからそのゴミ置き場を見ていると出勤や通学の方々が通りにくく歩いているのが分かりました。

  その様子をみて、自分もここのところ腰が痛くて屈む姿勢が嫌だけどダンボールを移動してガードレールに立てかけておこうと思い、その場所に近づいていると、ある少年が倒れているダンボールを持ちガードレールに立てかけて歩道を塞いでいる障害物を整頓してくれました。
 その姿をみて「君に偉いね!有難う!」というと、「はい!いつもお母さんにゴミやダンボールを出すように頼まれ、皆の迷惑にならないように出してね!」と言われているので・・・

 思わず、「私は何年生?貴方のお母さんも偉いけど、君はもっと偉いよ!運動は何をやっている?」と、聞くと「はい、5年生です。サッカーをしています」と元気よく答えてくれました。

 朝から余りにも気持ちが良かったので、他近くにある自動販売機の飲料水を買い、「これご褒美だよ!」と渡すと、「いいえ、もらえません。当然のことをしただけです!」と言われてこれまた、びっくりしました。

 通りすがりの大人はダンボールが通行人の迷惑になっていてもそれをまたいで通っていったり、見てみないふりをしたりして通り過ぎている人が多い中、こんなん小学生もいるのだな!と思うと嬉しくなってきました
 こんな日常の些細なことですが、こんな立派な子供を育てているご両親の想像がつき、そのような親御さんにあってみたいと思いました
 
img_0_m[1].jpg

  朝の慌ただしい時間にブログの投稿をしておりますので、誤字脱字が多いと思います。
 恐縮ですが、お気づきの方は訂正のご連絡を頂けると幸いでございますm(_ _)m
また、投稿写真・投稿内容等について、問題がありましたらご連絡ください。直ちに削除致します。
國安鍼灸整骨院/デイサービスぴーなっつのホームページ

國安鍼灸整骨院モバイル
 

posted by のりじ at 08:02| Comment(0) | 感動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]