2019年04月09日

朝の習慣

 ここ数年、寝室のカーテンを開けて寝ています。
朝になると朝日が入り、自然と目が覚めます。

 東洋医学の古典で”四季通天論”という教えがあり、健康を維持するために季節によってどのような生活を心がけるといいのかということが記されています。

 その中に「健康に生きるためには日の出とともに起床して、日の入りとともに就寝しなさい」という文章があります。

もちろんこの古典は昔に書かれたものなので、当時は電気もない生活でしたので、普通だったのかもしれませんね!
 
しかし、現在は特に若者は携帯やTVをダラダラ見ながら朝方まで起きている人も多いと思います。
 健康な生活習慣から言うと真逆な生活をしている人が多いと思います。

 年齢定期にも年をとると早寝早起きは習慣になってきます。

私も一日の中で、仕事、空いた時間に運動をできるだけ入れるようにしているため、夜は布団に入るのは、もしかして家族で一番は早いかもしれません。
 そして朝は朝日で目が覚めています。

医学的に言うと、朝の目覚めが悪くかったり、気だるく感じたりするのは、深い睡眠から急に起きなければならないからです。

 太陽の光を浴びて起きることには、睡眠ホルモンのメラトニンの分泌を抑制するために睡眠習慣を改善して、すっきりと目覚め覚めるという理論があるということです。

朝、寝ている時に太陽の光で目を覚ますということは、健康的にも大変いいことだそうです。

 そんなことも考えながら目覚ましは太陽!(夏場は4時過ぎに目覚めてしまいますが・・・)

 今朝も天気がよく、清々しい目覚めでした!「今日も一日精一杯頑張るぞ!何かいいことがありそうな日になりそうです!」そんな気持ちで目覚めるとウキウキしてきますね!
img_0_m[3].gif


 朝の慌ただしい時間にブログの投稿をしておりますので、誤字脱字が多いと思います。
 恐縮ですが、お気づきの方は訂正のご連絡を頂けると幸いでございますm(_ _)m
また、投稿写真・投稿内容等について、問題がありましたらご連絡ください。直ちに削除致します。
新中野の國安鍼灸整骨院



朝、寝ている時に太陽の光で目を覚ますということは、健康的にも大変いいことだそうです。

 そんなことも考えながら目覚ましは太陽!(夏場は4時過ぎに目覚めてしまいますが・・・)

 今朝も天気がよく、清々しい目覚めでした!「今日も一日精一杯頑張るぞ!何かいいことがありそうな日になりそうです!」そんな気持ちで目覚めるとウキウキしてきますね!
posted by のりじ at 07:36| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]