2019年06月26日

毎日が修行

 キックボクシングからボクシングに転向してから2ヶ月が経ちました。
蹴りを使わないようになって腰の調子も以前よりかは良くなってきました。
 キックボクシングとボクシングを比べると、ラケット競技で言うと、テニスとバドミントンぐらいの差はあります。
 間合い、攻撃、防御、リズムと違いがあります。
ここ最近、ボクシング経験者とマス練習をすることが多くあり、よくパンチを貰うことが多くあります。

その度に「ああ!もらっている!ここのガードが空いているのか!」と感じる機会が多く、まだまだ練習が足りないと反省するばかりです。

 剣道でも同じことですが、小手面胴で一本もらうと「打って勉強、打たれて勉強」ということを言われているようにボクシングにも同じことが言えると思います。
 昨日はボディーへのパンチをよくもらいました

いい訳ではありませんが、キックボクシングでのボディーのガードは膝や足でのガードが多い部分、腕でのガードが苦手になっているようです。

 すこしガードをイメージしたトレーニングをしながらボディーへのガードの練習が必要だと思います。
download.jpg

 今日は水曜日、お昼休みは大東流の稽古です。稽古前にテーマを持って稽古をするので、今日のテーマは「自分と相手と接点の確立」ということで、この空間に出来る三角を意識した稽古を心がけたいと思います。

 毎日が修行ですね


 朝の慌ただしい時間にブログの投稿をしておりますので、誤字脱字が多いと思います。
 恐縮ですが、お気づきの方は訂正のご連絡を頂けると幸いでございますm(_ _)m
また、投稿写真・投稿内容等について、不都合や問題がありましたらご連絡ください。
直ちに削除致します。

新中野の國安鍼灸整骨院

posted by のりじ at 07:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]