2019年09月05日

自信はどこから?

 世の中には自信たっぷりな人と、自信のなさそうな人があられます。
両者を比べると、能力的にはそんなに大きな開きがあるわけではないと思いますが、いったいどこから自信のあるなしが出てくるのだろうか?と、いろいろと観察してみて一つ気がついたことは、自信たっぷりな人は、何か一つ「人に負けないもの」を持っているということように思った。
それが仕事以外で、麻雀でもいいテニスでもいい。

何でもいいから「これなら自分は人に負けないぞ!」というものを持つことが自信繋がるように思えました。

そうすれば自分に自信が持てるようになり、自信を持って生きている人間特有の魅力がにじみ出てくるような気がしました。

子供の頃、通っていた剣道の道場の館長先生が話してくれたお話ですが「実は、私(館長先生)は、運動は得意ではありません。

 職場(当時の国鉄)で、競技大会や運動会が行われることがありますが、私は不得手でどの競技もうまくできません。しかし、周りの同僚は馬鹿にされることなく何も言いません。それは私が剣道の稽古を長年していることを知っているからです。皆さんにも得意不得意はあるでしょうが、剣道はこつこつやっていると、私のような運動音痴でもできるようになります。そして、人は何かできるとそれが自分の自信となります。

 これからも剣道は続けて下さい!」と、40数年ぐらいに話されていた懐かしいお話を思い出しました
o0500020914575635713[1].gif

 朝の慌ただしい時間にブログの投稿をしておりますので、誤字脱字が多いと思います。
 恐縮ですが、お気づきの方は訂正のご連絡を頂けると幸いでございますm(_ _)m
また、投稿写真・投稿内容等について、不都合や問題がありましたらご連絡ください。
直ちに削除致します。

新中野の國安鍼灸整骨院

研心館道場


posted by のりじ at 08:04| Comment(0) | 懐かしい思い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]