2019年10月15日

台風19号の爪痕

 今回の台風19号は関東地方をはじめ、進路となったところで大きな被害が出ているのは皆様もご承知だと思います。

この連休もTVでニュースをよく目にして被害を受けられた方々には心からお見舞いを申し上げます。
 いつも思うのですが、災害で被害に遭われた方々の声を聞き、インタビューをされていますが如何なものでしょうか?
 レポーターは、その被害の状況をお聞きして、大変さを聴いて、全国に協力を呼びかけるという意味では良いことなのかもしれませんが、被害直後に「これからのはどのようにさてますか?」と、インタビューをされているとき、被害に遭われた方の顔色や困り果てた様子を見ると何とも言えない気持ちになってしまします。
 
世田谷にお住まいのある方は、新しいお家が床上浸水して、泥を書き出して、消毒をされている方にインタビューをされていましたが、そんな状態で「如何ですか?」など言われても答えようがないのにしっかりインタビューに対応してお話をされていました。

また、茨城の水戸では、10月にリニューアルオープンしたばかりの飲食業のオーナが避難先からお店の状態を見に来ているときのインタビューで、「これからどうされますか?」と、質問されていました。
その時、オーナの方は「浸水がここまで酷いとは思いませんでした。衛生の問題や片付け、工事などを考えると営業を始めるまで半年ぐらいはかかると思います。」と、肩を落としている姿を見ると、言葉が出ないという感じでした。

よくこのような時に質問されて怒りが沸いてこないのかな?とか、怒りを訴えている場面はカットされていることもあると思います。
インタビューする側も分かっていて質問する方も現場にいて被害状況を見ていて質問するわけですので、仕事とは言え、質問をする方も大変だとお察し致します。


今回の台風で、亡くなられて方やお怪我をされた方々のことを思うと胸が痛むばかりです。

前回、そして今回の台風の被害に遭われた皆様には、心からお見舞い申し上げます!
o0300053014613947073[1].gif

 朝の慌ただしい時間にブログの投稿をしておりますので、誤字脱字が多いと思います。
 恐縮ですが、お気づきの方は訂正のご連絡を頂けると幸いでございますm(_ _)m
また、投稿写真・投稿内容等について、不都合や問題がありましたらご連絡ください。
直ちに削除致します。

新中野の國安鍼灸整骨院

【関連する記事】
posted by のりじ at 07:53| Comment(0) | お見舞い申し上げます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]