2019年10月18日

鍼治療が効いた症例

 3ヶ月前から鍼治療をされている方の症例です。

三十代、女性 ホームセンター勤務

主訴は、脱毛、腰痛、肩こり、不眠、パニック障害などで、現在、心療内科に通院されていて、精神安定剤を服用しています。

 いつも治療にこられる時は、腰と膝の治療をさせる母親と来院されます。

もともと、この女性は10年ぐらい前から薄毛で悩んでいて、精神的に病んでいました。
夜も寝られず、引きこもり、痛いところの訴えが多く「腰が痛い、肩がこる」というのが口癖だったそうです。

今までにも母親の勧めでプラセンター(臍帯治療)や毛髪の治療で色々なことをされてきたようです。
 しかし、どの治療も効果はなく、知り合いに紹介されて当院に来院されました。

鍼灸治療としては、肩こり、腰痛、脱毛に対する治療、自律神経を調整する治療をして、その時に本人が訴えている症状に対する治療を当初は1週間に一回、現在は2週間に一回の治療間隔で行っています。

 昨日、先に治療を終えた母親に「娘さん、ここのところ、少し調子が良さそうですがどうですか?」とお聞きすると、「実は、薄毛も少しよくなったと、美容院の先生に言われました。そしてここのところ、口癖であった”痛い”ということを言わなくなり、寝息をかいていることがよくあるので、安心しています。はり治療に来てよかったです。」とそのようなコメントを頂きました。
o0630042014611050669[2].gif

 また、今回も嬉しいお話を聞けたので、これからももっと症状を改善できるように患者さんと一緒に頑張りたいと思っています。

 朝の慌ただしい時間にブログの投稿をしておりますので、誤字脱字が多いと思います。
 恐縮ですが、お気づきの方は訂正のご連絡を頂けると幸いでございますm(_ _)m
また、投稿写真・投稿内容等について、不都合や問題がありましたらご連絡ください。
直ちに削除致します。

新中野の國安鍼灸整骨院

posted by のりじ at 07:43| Comment(0) | 鍼灸治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]