2019年11月19日

ストレス

 最近、ストレスで体を壊している方が増えています。
昨日も来られた患者さんで二人病んでいる方が鍼灸に来られました。
 一人は40代後半で、難聴で病院に入院されていたけれども効果がないと鍼灸に来られました。

病歴は19歳に糖尿病を患いインスリン注射をしていて、6年前に透析をはじめられ、現在は難聴、めまい、自律神経失調というような症状でした。
 鍼灸治療ははじめてだということでしたが、ゆっくり鍼灸の説明をしながら治療をしました。
 すると体が少し楽だと言われ、少し続けてみるとのことでした。

 もう人かたは、システムエンジニアの方で、不眠、動機、身体のコリ、胸苦しさ等のやはり自律神経系の症状で、体と心が病んでいました。
 先日、心療内科を受診したそうです。

今回は仕事場の上司が心配して連絡をして来て頂いての来院だったそうです。
 この方にもゆっくりと話をしながら鍼灸治療をさせて頂きました。
すると、睡眠は一日3時間程度だと聞いていましたが、治療中に寝息が聞こえ、少し寝られたようです。
 いずれの方も日頃頃からのストレスが多く、自分のキャパを超えているようです。

 東洋医学的には、”治神”と言い、神は人間でいう脳ということで、鍼灸によって脳をコントロールするということです。

 ストレスを無くすということは難しいですが、体調をよくしてストレスに対応できる状態になれば自律神経も良くなっていきます。
 仕事では無理をしないで、ゆっくり治して行きましょう。
o0329050414643815773[1].gif

 朝の慌ただしい時間にブログの投稿をしておりますので、誤字脱字が多いと思います。
 恐縮ですが、お気づきの方は訂正のご連絡を頂けると幸いでございますm(_ _)m
また、投稿写真・投稿内容等について、不都合や問題がありましたらご連絡ください。
直ちに削除致します。

新中野の國安鍼灸整骨院

posted by のりじ at 07:32| Comment(0) | 鍼灸治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]