2019年11月30日

懐かしい写真

 パソコンのスクリーンシェーバーで、ランダムに自分が写した写真が出てきます。
ここ10年ぐらいですが、子供たちの成長と自分の老を感じます。

 そんな写真の中で、子供の頃よく遊んだ従姉妹の写真が30秒ほど映りました。

実はその従姉妹が1ヶ月ぐらい前に病気で倒れたという連絡を聞いていたので、すごく心配になりました。

 急な話で、聞いたときは本当にびっくりして、体が震えた感覚を今でも覚えています。
従姉妹は、3週間ぐらい前に大動脈解離で倒れ、ICUで緊急手術をしたようです。

 年齢的にも45歳の年齢で大動脈解離になることはあまりないことだそうですが、不運にもその病気になってしまったようです。
 手術はなんとかうまくいき、命をとりとめて、本人は入院している病院から窓の外を見て「生きていて、岡山駅から新幹線が出ているのを見れてよかった!」と言っていたそうです。

 その連絡をうけて、複雑な心境でしたが、とても安心しました。

パソコンの写真を「ぼ〜」と見ていると、他界した人やもう何年も合ってない人などが移し出されます。
 懐かしさや思い出が蘇ってきます。
 
身内や親戚、友達が病気や怪我、そして、亡くなることもあったりして、人生、どこでどうなるかは分かりません。
 日々、悔いがないように生きていくしかないように思えました。

 朝の慌ただしい時間にブログの投稿をしておりますので、誤字脱字が多いと思います。
 恐縮ですが、お気づきの方は訂正のご連絡を頂けると幸いでございますm(_ _)m
また、投稿写真・投稿内容等について、不都合や問題がありましたらご連絡ください。
直ちに削除致します。

新中野の國安鍼灸整骨院

posted by のりじ at 08:03| Comment(0) | 最近思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]