2020年01月08日

休肝日

 早いもので、令和2年になり1週間が過ぎました。
自分なりに今年の目標を立て、昨年の反省をしながら考えていました。

 昨年の後半はお酒を飲まない日を設け、肝臓をいたわる日を作っていましたが、この年末年始はお酒を飲む日が続き3週間ほど禁酒をしていませんでした。
 「そうだ!ここのところ禁酒をしていない!」と思い、今週、二日はお酒を抜きました。

最初の一日目は「眠れるだろうか?」と不安でしたが、昨年末に禁酒の習慣を少し身につけたのですんなり寝ることができました。

 そして、二日目の昨晩、少し寝つきが悪く睡眠時間も短いような気がしました。
しかし、二日続けてお酒を飲まないでいると、「肝臓が休憩できている」と思うとなんとなく気分的に良い感じがします。

 今週末は鍼灸師の会で、新年会があるのでお酒を飲む機会が出来ると思いので、このノリで今週はお酒を控えてみようかと思っています。

 よく聞く話ですが、「若い頃はよく飲んだもんだ!」「年をとると酒も飲めなくなる!」「飲めるうちは飲んだほうがいい!」といろんなことを耳にしますが、それぞれの環境や基準が違うと思います。

 自分の若い頃を思い出すと、お酒は毎日当たり前で、夕食を誘われてご飯だけというのはありえないことで、お酒を飲む場所でなければ、誘われても行かなかったころもありました。
 そして、分かっていても、つい飲みすぎて二日酔いなんて当たり前でした。
download.jpg

そんな頃を思い出すと、この年になって休肝日をつくることをしているということは、「若い頃はよく飲んだものだ!」という言葉が身にしみるようです。
 これからもお酒とは細く長く、付き合っていきたいものですね!

 朝の慌ただしい時間にブログの投稿をしておりますので、誤字脱字が多いと思います。
 恐縮ですが、お気づきの方は訂正のご連絡を頂けると幸いでございますm(_ _)m
また、投稿写真・投稿内容等について、不都合や問題がありましたらご連絡ください。
直ちに削除致します。

新中野の國安鍼灸整骨院


posted by のりじ at 07:44| Comment(0) | 健康について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]