2020年03月25日

合気道

 新型コロナ騒ぎで、ほとんどの運動が自粛されている中、合気道の稽古は行われています。
水曜日は大東流合気柔術の稽古日です。

 先週も中野体育館に行くと、地下の柔道場での合気道の稽古以外は行われていなく、いつもは3〜4人いる受付の職員の方も1人しかおられなく館内は”ガラ〜ン”としていました。

 そんな状態で、合気道の稽古にこられている方、4〜5人で元気よく稽古をしています。

稽古のはじめの挨拶後、先生が「今日は何をしたいですか?」とその日のテーマをそれぞれの門下生に訪ねられ、その課題を言うところから始まります。
 
例えば、「こういう技をやりたいです」とか「体の緩みを感じながら稽古をしたいです」とか「相手との接点を崩さない稽古をする」とかを皆の前で話をすると、その練習の重要な点について先生がアドバイをして頂いて、それぞれの課題が含まれた練習内容をしてくださいます。

 毎週、苦手な技、疑問でつまずいているところ、当分、行っていない技などを練習していきますが、何年も練習していると毎週同じことを言うわけにもいかないので、水曜日ともなると、今日は何を練習課題にしようかなと、その日の課題を考えてしまします。
 その意識や課題を考えることが大切なことだと思うようになりました。

そのことを考える事によって先週練習した内容や注意点を少なからず思い出すからです💡
 
 どんな練習や稽古でも、その時だけではすぐに忘れてしまうので、少なくても前回行った練習内容を思い出すだけでも、今日の稽古に繋がります。
 
さて、今日の稽古の課題は何にするか考えておかなければいけないですね
DSCPDC_0002_BURST20181123190710973.jpg


 朝の慌ただしい時間にブログの投稿をしておりますので、誤字脱字が多いと思います。
 恐縮ですが、お気づきの方は訂正のご連絡を頂けると幸いでございますm(_ _)m
また、投稿写真・投稿内容等について、不都合や問題がありましたらご連絡ください。
直ちに削除致します。

新中野の國安鍼灸整骨院


【関連する記事】
posted by のりじ at 07:41| Comment(0) | 大東流 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]