2020年04月06日

心の鍛錬

 毎週剣道の稽古をしていた子供たちが、この長い休みでストレスが溜まり、イライラするもの仕方がないことだと思います。
 今までは、人が集まっていない公園でテニスをしたり、キャッチボール、バドミントンをしたりして体を動かしていました。
 
しかし、A型コロナウイルスの感染拡大で日に日に緊張状態が高まり、できるだけ外出を避けるようにせざるおえない状況です。
 我が家ではそんな子供たちのストレス解消と体力維持の目的で、キックボクシングのミット打ちをさせています。
 一人、3分の2ラウンドで行いますが、子供4人にママが加わり5人のミット打ちの相手をすると、インターバルを入れても一人3分×2×5人で、30分動いているとさすがに汗をかいてきます。
 実際にパンチ、キックを打っている子供たちは「ゼーゼー」しています。
DSC_0695.jpg

 ミット打ちを終えると二人ずつでマス練習(パンチキックを当てない対人練習)です
はじめは、ただ闇雲に打っていた感じでしたが、無駄な体力の消耗や動きがない方が効率的と分かったのでしょう。
 数回やると形になってきました

 双子が幼稚園の頃、ミット打ちを教えた次の日に4女の皐千乃は男の子に向かって、遊んでいるつもりで、パンチと蹴りで「ボコッタ」ことがあったので、長女が「さっちゃん!学校でキックボクシングはダメだよ!本当に自分を守る時のために練習をしていのだからね!」と、姉ちゃんぶっていました。

 そうです。格闘技はもしもの時に家族、弱者、そして自分を守る時に必要とします。

今の見えない敵と戦う時にも、「頑張る」という気持ちを育てていくのが格闘技の本質と言えるかもしれません。
DSCPDC_0003_BURST20200405160841428_COVER.jpg

 
 朝の慌ただしい時間にブログの投稿をしておりますので、誤字脱字が多いと思います。
 恐縮ですが、お気づきの方は訂正のご連絡を頂けると幸いでございますm(_ _)m
また、投稿写真・投稿内容等について、不都合や問題がありましたらご連絡ください。
直ちに削除致します。

新中野の國安鍼灸整骨院

posted by のりじ at 07:49| Comment(0) | トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]