2020年06月02日

コロナにやれた心

 ニュースで、戦後最大の世界大不況と言われるぐらい経済が打撃を受けています。
当院に来院させる患者さんにも沢山の方が不況の影響を受けて、心が病んでいる方が多くなって着ています。

 先日は、コロナの影響で会社の営業所が閉鎖され、雇用を解雇された方、年齢的にも50歳を超えていて、これからの生活と将来への不安でうつ病になり、診療内科に通院していても良くなら鍼灸治療を希望されていらっしゃった男性。

 大学で教鞭をとられている先生が、今回のコロナの影響でオンライン授業になり、その授業時間が多すぎ自分のキャパを超えてしまいその状態が続きその結果、自律神経のバランスが乱れ、精神的に追い込まれ、やはりメンタルクリニックに通院しているようですが、症状は変わらなく、いつもは元気でいる方ですが、肩を落とされ覇気もなく辛そうでした。

 近所で飲食業を営んでいた方、この2ヶ月間、仕事を休まざる負えない状況下でお店をやめて、ふる里に帰る決心をされて、最後にお世話になったということで、ご挨拶がわりに鍼治療を受けに来られえた方など、多くの人の心が病んでいます。
download.jpg

 これから、もっと多くの方が影響をうけ、体や心が壊す人が増えてくると思います。
自分自身も今まで何度も、心が病んだこともありましたが、そんな時、鍼灸治療をしてもらい助かった経験もあります。
 鍼灸治療は、うつ症状や自律神経のアンバランスや過緊張からくる症状に効果があります。
 少しでも心が病んでいる方への助けができるように今以上、自分の腕を磨いてきたいと思っています。

 朝の慌ただしい時間にブログの投稿をしておりますので、誤字脱字が多いと思います。
 恐縮ですが、お気づきの方は訂正のご連絡を頂けると幸いでございますm(_ _)m
また、投稿写真・投稿内容等について、不都合や問題がありましたらご連絡ください。
直ちに削除致します。

新中野の國安鍼灸整骨院

posted by のりじ at 07:46| Comment(0) | 鍼灸治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]