2020年07月03日

新たな胴着

 大東流合気柔術に通い始めて足掛け7年になります。
剣術、体術だけではなく、人生論、目標など多くのことを楽しく学でいます
 
現在お世話になっているのが、楽心館というNPO法人の道場で、千葉に本部道場が有り、それぞれの東京、千葉などの特に公共施設を数箇所お借りして、人間育成のために合気道、剣術、大東流の稽古を行っている道場です。

 以前から気になっていることがありました。
この楽心館で稽古時に身に付ける胴着の肩の部分に、道場のワッペンを皆さんつけているのですが、自分が現在使用している胴着は、若い頃、柔道整復師の学校で使用していた柔道着なので、肩にはマジックで書いた”國安”と言う字が薄れ、何度か上からなぞり書きした胴着です。
「道場のワッペンを付けなければ?」と思っていたのですが、前日、先生に「ワッペンを付けさせて頂きたいので、お譲り下さい。」というと、「有難うございます。特に付けることはお気にしないで下さい。」と言われました。
今週の稽古の時に先生が「よければお付けください。」と、ワッペンを頂きました。
DSC_0835.jpg


 今回、剣道の先輩をこの楽心館にご紹介した時にも、その方が「胴着は先生の方でお願いできますか?」と、お聞きすると、「剣道でお世話になっている防具屋さんがあれば、どうぞそちらで購入ください。」と言われたので、自分の仕事場近くの知り合いの胴着屋さんをご紹介した時に、自分の胴着が古くなってきているのと、新たな気持ちで名前の刺繍とワッペンを付けようと思い、新しい胴着を頼むことにしました。

 年齢的にも、仕事も大東流合気柔術も少なくても10年は続けたいと思っているので、新しい胴着も10年は使えると思います

 これからも楽しみながら心と体の健康を目指して、新しい胴着で、そして初心の気持ちで頑張りたいと思っています。

 朝の慌ただしい時間にブログの投稿をしておりますので、誤字脱字が多いと思います。
 恐縮ですが、お気づきの方は訂正のご連絡を頂けると幸いでございますm(_ _)m
また、投稿写真・投稿内容等について、不都合や問題がありましたらご連絡ください。
直ちに削除致します。

新中野の國安鍼灸整骨院

posted by のりじ at 07:34| Comment(0) | 大東流合気柔術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]